NEW

山口組「宅見勝射殺事件」、不可解な警察の捜査の真相

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作家の宮崎学氏(撮影=佐々木和隆)

 1997年8月に発生した五代目山口組宅見勝若頭の射殺事件【※1】から20年あまり。平成最後の年を目前にした昨年12月、事件のキーマンとされていた元五代目山口組若頭補佐の中野太郎氏が著書『悲憤』(講談社/中野太郎著、宮崎学監修)で事件の真相を明かしたことが注目されている。

 1月22日付記事『宅見勝射殺事件、五代目山口組・渡邉芳則組長の指示だった!21年目の真相告白』では、同事件の裏側について、療養中の中野氏に代わって本書の監修を務めた作家の宮崎学氏に話を聞いた。今回も、警察の捜査動向や同様に謎が多い八幡事件などについて、引き続き宮崎氏の話をお伝えする。

ヤクザ社会しか“居場所”がない者たち


――「週刊現代」(12月22日号/講談社)の書評欄で、社会学者の宮台真司さんが『悲憤』を「ギリシャ悲劇のよう」と評して話題になりました【※2】。

宮崎学氏(以下、宮崎) まさに理不尽な悲劇ですね。うまいことを言うなぁと思いました。『仁義なき戦い』の名セリフにもあるように、ヤクザの仕事とはほぼ「間尺に合わない」のですが、ヒットマンは特にそうですね。それでも、今もヤクザ社会にしか居場所がない者も多い。そういうところも、行間から読み取っていただければと思います。

『悲憤』(講談社/中野太郎著、宮崎学監修)
――なるほど。「ヤクザにならざるを得ない者たち」の気持ちについては、宮崎さんは以前から書かれていますよね。『悲憤』には、中野会のちょっとおもしろいエピソードも書かれていて、ヤクザ組織が「居場所」であることもうかがえます。

宮崎 特に中野さんは怖いけれど若い衆に慕われていたから、おもしろい話はけっこうあるんです。時代も、それを許していましたね。

――一方で、宅見事件では警察の動きも気になりました。捜査が後手に回っていたのは不思議ですね。

宮崎 そうですね。事件当日、現場となったホテルの監視カメラにも実行犯の姿が残されていたのに、実行犯の指名手配は半年後でした。しかも、詐欺など別件での容疑です。

 さらに、1人目の逮捕は事件から約1年もたってからでした。また、実行犯は中野会の組員だったにもかかわらず、中野さん自身は逮捕されませんでした。私は「中野さんを逮捕しろ」と言っているわけではありません。今は療養中で取り調べも厳しいでしょう。しかし、別の事件ではトップに責任が及んでいるのに、なぜ逮捕されなかったのか。これはおかしいと思っています。

 たとえば、宅見事件の後に司忍六代目を含む山口組の幹部がボディガードに拳銃を持たせていたことで逮捕、起訴され、六代目は懲役にも行っています。 これについて、宅見事件以降に拳銃所持の取り締まりが厳しくなったという見方がありますが、では八幡事件はどうでしょうか。宅見事件の約1年前に、京都府八幡市の床屋で中野さんが銃撃された事件です。

 所持どころか、中野さんの目の前で中野さんのボディガードがヒットマンを射殺しています。でも、中野さんは逮捕されていません。ボディガードだけが長い懲役に行きました。

『悲憤』

そのとき、山口組最高幹部が集う「奥ノ院」で何が起きていたのか? 暗黒街平成最大の衝撃「山口組若頭射殺事件」の真相を中野会会長中野太郎がついに明かす! 山口組史上もっとも怖れられたヤクザ、中野太郎。口癖は「そんなもん、いてもうたれ!」。「喧嘩太郎」「懲役太郎」の異名をもつ伝説の武闘派ヤクザがはじめて語る五代目山口組渡邉芳則組長、同宅見勝若頭の素顔と確執、そしてベールに包まれた自身のヤクザ人生のすべて!

amazon_associate_logo.jpg

『ヤクザと東京五輪2020:巨大利権と暴力の抗争』

超巨大イベントから滴る甘い汁を彼らは啜るのか。初代竹中組、中野会、初代古川組で極道黄金期を生きた侠が、「黒い利権」の一部始終と「今」を明かした!

amazon_associate_logo.jpg

山口組「宅見勝射殺事件」、不可解な警察の捜査の真相のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ヤクザ事件宅見勝山口組暴力団警察の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事