NEW

自民党、78歳・麻生太郎氏と80歳・二階俊博氏、日本の政治を牛耳る2人の対立激化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二階俊博自民党幹事長と麻生太郎副総理兼財務相(写真:日刊現代/アフロ)

 安倍政権内で二階俊博自民党幹事長(80)と麻生太郎副総理兼財務相(78)の主導権争いが激化している。

 2人の確執が最高潮に達しているのは、3月21日に告示された統一地方選前半(4月7日投開票)に行われる福岡県知事選をめぐってだ。保守分裂選挙となっている同選挙は、3選を目指す現職の小川洋氏と自民推薦で元厚労官僚の新人・武内和久氏の事実上、一騎打ちの構図。自民党の情勢調査などでは現職が圧倒的に優勢で、告示10日前の時点でもトリプルスコア以上の差が開いていた。

 小川氏はもともと自民党が担いだ知事だ。多選というわけでもないのに、なぜ落選濃厚の対抗馬を立て、推薦まで出したのかというと、麻生氏の強い意向があったから。

「麻生さんが安倍晋三総裁と甘利明選対委員長に直談判して、武内推薦を決めさせた。選挙の責任者であるはずの二階幹事長はその場に呼ばれず、頭越しの決定に不快感を持っている」(自民党関係者)

 というのも、もともと二階派は福岡選出の武田良太衆院議員と鳩山二郎衆院議員が中心となって小川氏を支援していた。それがわかっていながら麻生氏は武内氏推薦をゴリ押ししたわけだ。

 麻生氏の小川氏に対する“私怨”が強いとはいえ、暴走する麻生氏に対しては、二階派だけでなく福岡の自民党OBの山崎拓元副総裁や古賀誠元幹事長らも激怒し、小川氏支援に回っている。

「敵の敵は味方」


 ここまでモメる背景には、鳩山邦夫衆院議員が死去したことにともなって行われた3年前の2016年10月の福岡6区補欠選挙に伏線がある。

 補選は、鳩山氏の次男で福岡県大川市長だった二郎氏が当選したが、対抗馬だったのが自民党国会議員秘書の蔵内謙氏。今回の知事選と同様、二階派の武田氏が推す二郎氏と、麻生氏が推す蔵内氏という対決の構図だったのだ。

「蔵内謙さんは福岡県政のドンとも呼ばれる自民党福岡県連会長の蔵内勇夫県議の長男。邦夫さんの弔いですから、次男の二郎さんが強いということで自民党公認がすんなり決まるかと思いきや、麻生―蔵内ラインで蔵内さんの息子をねじ込んできた。大混乱の末、両者とも無所属で出馬、予想通り、二郎さんが勝ったというわけです。その時の恨みを麻生さんは今も忘れていない」(福岡のマスコミ関係者)

自民党、78歳・麻生太郎氏と80歳・二階俊博氏、日本の政治を牛耳る2人の対立激化のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、二階俊博安倍晋三麻生太郎の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事