NEW

レオパレス、ほぼ全建物に施工不良の疑惑浮上…他の“問題ある”レオパレスに移転の人発生か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レオパレス21本社(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 3月18日、レオパレス21の施工不良問題に関して、外部調査委員会から中間報告が公表された。違法建築となる界壁の不備や外壁等について、「全社的な開発・施工体制のずさん・脆弱さにとどまるのか、意図をもって組織的に行われていたかどうかであり、さらに調査が必要である」とまとめている。

「当時の社長のもとトップダウンで指示が出され」「組織的に行われていたことが疑われる」とも書いてあることから、多くのメディアでは「組織的に行われていた」と報じているが、よく報告書を読むと、まだそこまで断定はしていないようだ。ただ、恐らく確たる証拠が上がっていないため断定し切れないと考えられるので、“限りなく黒に近いグレー”であることは間違いない。通常の感覚で考えれば至極当然の報告内容で、「さもあらん」と言える内容だった。

 また、3月26日に経済ドキュメンタリー番組『日経スペシャル ガイアの夜明け 時代を生きろ!闘い続ける人たち』(テレビ東京系)において、同社の問題に関する“第4弾”が放送された。

 番組の主な内容としては、2001年以降に販売された同社の「ハイブリッド」というシリーズでも界壁の不備があると証言するオーナーの話題を中心に、同社の対応を疑問視する内容だった。あるハイブリッドシリーズのオーナーに対して、同社の一級建築士が当初は「国土交通省の認定があるので界壁は不要」という趣旨の説明をしていたという。建築の素人であるオーナーを騙したようにとれる説明だ。

 この件に関しては、放送の翌日の3月27日に「スチールハウス工法(薄板軽量形鋼造)界壁上部の仕様について」という書面を同社が公表し、耐火性能、遮音性能とも国土交通大臣認定に基づく設計であり、問題はないと主張している。

 しかし、そうなると、『ガイアの夜明け』の番組内で同社の建築士が「商品に対する無知で誤った説明をした」と釈明していることが問題となるのではないか。建築士は、建設前に、商品知識も不十分な状態でオーナーに説明したが、当初は知識がなかったので、誤った説明をした、すなわち、「国交省の認定があるというのは誤った説明」だと認めているわけだ。だが、同社は「国交相認定のある設計」だと主張しているのである。明らかな矛盾だ。

 そして、同放送では、2月7日に公表した物件(1996~2001年に着工した物件)以外にも問題があるのではないかと疑問を投げかけている。やはり、2月12日付記事『レオパレス、組織的に施工不良を主導し“犯罪的”…もっとも引越し困難な時期に退去要請』で筆者が指摘した通り、同社のほぼすべての建物に不備がある可能性が高いのではないか。

レオパレス、ほぼ全建物に施工不良の疑惑浮上…他の“問題ある”レオパレスに移転の人発生かのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事