NEW
ポスト五輪の東京~2020年以降も勝つまち、負けるまち~ポスト五輪を待ち受ける23区の勝ち目、弱り目

東京都心3区(中央・千代田・港)、異次元の人口増加…出生率が全国平均並みまで急上昇のワケ

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中央区の銀座四丁目交差点(「Wikipedia」より/663highland)

 2015年の『国勢調査』で足立区の人口が減少するというハプニングがあったが、その足立区を含め、16年以降も23区のすべてで順調な人口増加が続いている。

 一見、「向かうところ敵なし」のように思える東京。だが、各区がそれぞれに強みと弱みを抱えていることもまた事実だ。20年の東京オリンピックが終わり、そのインパクトが消えたとき、こうした課題が一気に噴き出し、東京は厳しい内部競争の時代に突入していく可能性が高い。

 ポスト五輪の東京を考える第3フェイズでは、23区を8つのエリアに分け、東京が抱える強みと弱みをレビューしていくことにする。

都心3区への“異次元集中”が約20年も続く

 最初は、やはり東京の中心である都心から。15~18年の3年間の人口増加率が23区で一番高かったのは中央区。2位は千代田区。3位が港区。JR山手線内に位置し、都心3区とつながっている文京区が4位。図表1を見ると、最初こそ千代田区にやや出遅れの感があったものの、今世紀に入って以降は都心3区がデッドヒートを繰り返しながら、常に人口増加率の上位に名を連ね続けてきたことがわかる。


 ランキングだけではない。都心3区合計の人口増加率の年間平均値は、00~05年の4.0%に比べると、以後若干下がったとはいえ、それでも05~10年=2.8%、10~15年=3.4%、15~18年=2.8%と、依然高水準が維持されている。この間、23区全体の人口増加率は年平均1%前後で推移してきたことと比べると、都心3区ではまさに「異次元集中」とでも呼び得る状況が20年近くにわたって続いていることになる。

 前の東京五輪開催とほぼ同時期の1965年、都心3区の人口は46万3000人。2018年は約48万人。ほとんど変わっていないようだが、実はこの間には大きなドラマが介在する。かつて、都市のドーナツ化の進展によって都心の人口は急速な減少を続けていた。ボトムは1995年の24万4000人。65年と比べると、30年間でほぼ半減。それが今世紀に入って急増に転じ、65年時点を超えるレベルにまでV字回復を果たしたのだ。

都心回帰をリードする若いファミリー層

「都心ブーム」とも呼び得る都心部への人口回帰の最大の要因は、都心に住むことによって通勤時間を削減し、余った時間を家族や自分自身のために有効に活用するという「都心ライフ」の再発見にある。こうした新しいライフスタイル実践者のボリュームゾーンは、言うまでもなく30代を中心とした若いファミリー層だ。

 図表2に、都心3区における30代世代と、その子ども世代にあたる5歳児未満の2010~15年の人口増加率を示した。5年ごとに行われる『国勢調査』の10年時点では、1971~74年に生まれたいわゆる「団塊ジュニア層」が30代後半だったが、2015年調査時点では彼らは40代に移行している。このため、10年と15年で30代人口を単純に比較することができない。そこで、図表2では30代人口については「コーホート変化率」で示している(詳細は、図表2の脚注参照)。


 理屈の話はともかくとして、図表2に示したデータは、都心3区で30代とその子ども世代が急増していることを雄弁に物語っている。

『なぜか惹かれる足立区~東京23区「最下位」からの下剋上~』 治安が悪い、学力が低い、ヤンキーが多い……など、何かとマイナスイメージを持たれやすい足立区。しかし近年は家賃のお手傾感や物価の安さが注目を浴び、「穴場」としてテレビ番組に取り上げられることが多く、再開発の進む北千住は「住みたい街ランキング」の上位に浮上。一体足立に何が起きているのか? 人々は足立のどこに惹かれているのか? 23区研究のパイオニアで、ベストセラーとなった『23区格差』の著者があらゆるデータを用いて徹底分析してみたら、足立に東京の未来を読み解くヒントが隠されていた! amazon_associate_logo.jpg

東京都心3区(中央・千代田・港)、異次元の人口増加…出生率が全国平均並みまで急上昇のワケのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事