NEW

ニトリなのに“買ってはいけない”日用品5選…ただの“安かろう悪かろう”で使えない!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニトリのHPより

 1967年に似鳥家具店の名前で創業し、そこから一代で大型量販店へと成長しニトリ。直接メーカーから仕入れることで販売価格を抑えたり、海外からも商品を直輸入したりといった努力が実り、2003年には売上高1000億円・店舗数100という大台に乗った。2008年には売上高2000億円・店舗数200、2013年には売上高3000億円&店舗数300と、その業績を着実に伸ばし続けている。

 ニトリを運営するニトリホールディングスの2019年2月期の決算によれば、売上高6081億3100万円(前年同期比6.3%増)、営業利益1007億7900万円(同7.9%増)、経常利益1030億5300万円(同8.6%増)。32期連続の増収増益ということで、企業としては安泰だろう。

 そんなニトリは“お、ねだん以上”というキャッチフレーズが象徴するように、安価で高品質な商品をいくつも展開している。新生活を向かえる際には、家具・家電や日用品を揃えるならニトリで……と考える人も多いのではないだろうか。

 しかしそんなニトリにも、低価格がゆえに使い勝手が悪かったり、品質に苦言を呈したくなったりするような商品が混ざっているのだ。今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、「この春、買ってはいけない日用品」というテーマを掲げ、5つの商品を独断で選んだ。ニトリで買い物をする際には、頭の片隅に入れておいていただきたい。

【この春、買ってはいけないニトリの日用品5選】

A4ファイルケース/399円(税込、以下同)

 まず紹介するのは「A4ファイルケース」だ。オフィスなどで資料をまとめる際に重宝しそうだが、この商品はあまりおすすめできない。

 なんの欠点もなさそうなシンプルなファイルケースかと思いきや、サイズが微妙に小さく、A4のクリアファイルがまっすぐ入らないのである。紙を直接収納する分には支障ないが、紙が折れないようクリアファイルに入れて管理している人からすると、一気に用途が狭まってしまう。

 多少の誤差に目をつぶれば使えないものではないし、安さの割には頑丈なつくりなので、それだけに「惜しい」という感想が先行してしまった。

シリコントング/399円

 自宅で料理をする際、ひとつ持っておくと何かと便利なシリコントングだが、ニトリで買うのであれば“使うのは誰なのか”を冷静に考えてほしい。

 このトング、いざ握ってみると結構な硬さ。男性にとってはさほど違和感がなくても、非力な女性や子どもが使うとなると、なかなかのストレスになってしまいそうだ。

 もちろん、トングとしての性能にはなんの問題もないし、先端がシリコン素材なので洗いやすさもある。低価格なので値段とのバランスが取れている商品ともいえるが、使う人を選んでしまうことは難点だろう。

ニトリなのに“買ってはいけない”日用品5選…ただの“安かろう悪かろう”で使えない!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事