NEW
片山修のずだぶくろトップインタビュー 第16回 小西工己氏(名古屋グランパスエイト社長)

名古屋グランパス、J2降格から平均観客数歴代1位へ復活遂げた“トヨタ式経営”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小西工己(こにし・こうき):名古屋グランパスエイト 代表取締役社長。1959年山口県生まれ。82年に東京外国語大学フランス語学科卒業後、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。2007年広報部長、12年常務役員、14年技術管理本部長、15年ミッドサイズビークルカンパニーエグゼクティブバイスプレジデントなどを経て、16年12月名古屋グランパスエイト顧問、17年4月から現職。

 今日、スポーツビジネスに注目が集まるなか、サッカーJリーグの名古屋グランパスエイトは昨年、リーグ戦平均入場者数2万4660人と歴代1位を記録した。トヨタ流の経営が成果をあげている。

 17年4月に、グランパスの再建を託されて、社長に就任した小西工己氏に、前回に引き続きグランパス再建の要諦を聞いた。

片山修(以下、片山) サッカーは、野球には、まだ勝てないんですか。

小西工己氏(以下、小西) まだ、一桁違いますね。お客さまの関心度合が違う。プロ野球のいいところは、どんどん取り入れたいと思っています。

片山 福岡ソフトバンクホークスの「鷹の祭典」を見学なさったと聞きました。

小西 うちの部長たちが見にいきました。「鷹の祭典」と、カープで盛り上がる広島市は、すごい。試合がない日にも、ユニフォームを着ているファンが大勢いる。いい意味で、カッコイイとか郷土愛とか、いろんな意識が混じっている。ヨーロッパでもそういう都市が多いですよね。

 10年、20年かかるかもしれませんが、いま始めないと始まらない。まだ、中日ドラゴンズさんの足元にも及びませんから、努力しないといけません。

2つのKPI

片山 シーズン後、親会社であるトヨタの豊田章男社長に報告はされたんですか。

小西 去年は、J1残留決定の翌日がトヨタさんの社内駅伝の日だったんですよ。トヨタスポーツセンターに、トヨタの役員は大勢集まる。グランパスの事務所の隣ですから挨拶にいきました。みなさん「よかったね、おめでとう!」といってくださいましたが、私自身はギリギリの残留に忸怩たる想いが強く、「本当に申し訳ございません」と、まずお詫びです。

片山 そりゃ、そうだよなぁ……。

小西 ただその後、「まあ、そうはいってもナァ……」といいながら、慰労していただきました。非常に温かい、激励、慰労の言葉をかけていただきました。「とにかく強いチームにしてくれ。仕事をしていても、頭の隅に弱いグランパスがおって、気持ちが晴れなかったからな……」と、社長にいわれて。

片山 キツイね、それはまた。

小西 でも、あれだけ忙しい方に、それだけ関心を持っていただけるのは、本当にありがたい話です。「とにかく、早めに相談してくれよ」といわれました。

名古屋グランパス、J2降格から平均観客数歴代1位へ復活遂げた“トヨタ式経営”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事