NEW
トイアンナ「私は言いたい」

年収1千万円でも東京在住・親子3人なら「生活カツカツ」という現実

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 

「お金持ちと結婚したい」と無邪気に思う人がいるのは、理解できるだろう。誰だって毎月100万円振り込まれたいし、私だって石油王から油田を非課税でいただきたい。

 だが、婚活で「お金持ちと結婚したい」とつぶやけば、言葉の意味が変わる。「お金持ちとは年収いくら以上のことか?」を数字に落とし込まねばならないからだ。そこで具体的なイメージが沸かない男女が挙げやすいのが「年収1,000万円」である。

年収1,000万円に詰め込まれた無責任な夢

 だが、年収1,000万円は都心で暮らすなら、そこまで裕福ではない。会社員の場合、年収1,000万円だと手取りは758万円という調査データがある。月額63万円程度だ。夫婦で等分にすると31万円。「思ったより少ない」と感じはしないだろうか。

 実際、年収1,000万円の男女に話を聞くと、

「子持ちはカツカツ。学費のために食費を削る日々。ランチは弁当」

「独身ならそれなりにお金の自由がきくけど、それでもコンビニで躊躇せず買い物ができるくらいじゃない? ブランドバッグ? ヤフオクかメルカリで買うっしょ」

と、いたって地に足の着いた「ちょっとお金のある」暮らしだ。

 しかし、婚活における年収1,000万円はそうではなく、「お金持ちの夢」をいっぱいに詰め込んだ像と化す。

 年収1,000万円を結婚相手の条件に掲げる男女へ「なぜ?」と聞いて、返ってくる答えの例がこれだ。

「タワマンに住みたい。そしたらマンション併設の育児施設も使えるし、ジムで運動もできるから。年に2回は海外旅行へ行きたいし、車はポルシェがいい。そうなるとやっぱり、年収は妥協できないかなって」

 仮に子供が1人生まれたとして、大型連休に海外へ旅行するなら年200万円ほどかかる。タワマンの家賃は豊洲で2LDKなら年240万円程度。ポルシェは年に約100万円の維持費がかかる。ポルシェの購入費を無視しても、年収1,000万円の人間に残る手取りは218万円。そこから子の学費を差し引くと……夫婦2人、子1人で暮らすのは現実的ではない。

 タワマン、ポルシェ、私立小学校のお受験……。目もくらむような「富裕層」の情報がネットやテレビでは手に入る。だが、私たちが目にする富裕層は、年収1,000万円~数百億円と開きがある。求める生活要素だけ合体させると、とても年収数千万円では手に入らない暮らしぶりとなってしまうのだ。

年収1千万円でも東京在住・親子3人なら「生活カツカツ」という現実のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事