NEW
吉川永里子「働くオトナが身につけたい!片づけセオリー」

片づけられない人は「片づけ方」を知らない…誰でもできる“整理の5ステップ”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 片づけはストレスフリーに生きる近道!

 元片づけられない収納スタイリスト・整理収納アドバイザー吉川永里子です。今回から「片づけ」をテーマに、働くオトナが今よりもっと快適に生きるためのヒントをお届けしていきます。「モノ」の片づけはもちろん、オトナにとって大切な「時間」「お金」「メンタル」「コミュニケーション」など、幅広く片づけのパワーで整えていきましょう。

片づけって何をすればいいの?

 まずはじめに、知っておいてほしいことがあります。それは「片づけの意味」です。

 私はもともと子どもの頃から片づけが苦手だったので、「片づけなさい」と親や先生に言われても、何をすればいいのかわかっていませんでした。

 やったことと言えば……

・引き出しの中に出てるモノを全部突っ込む

・床に落ちてるモノを紙袋に入れて避ける

・散らかっている服をベッドの上に乗せて布団をかぶせる

 今思えば、片づいたとは言えないような珍行動の数々。

 でも、これも仕方のないことなんです。だって「片づけの意味」も「片づけ方」も知らないんですから。

 これを読んでいる皆さんも、実は片づけについてよく知らない……という方は多いはずです。

 そこで、最初に片づけの意味についてしっかり捉えていきましょう。

片づけには3つの意味がある

「片づけ」という言葉を分解してみると、その中には3つの意味が含まれています。

 1つ目が整理モノを区別したり、分類したりするという意味です。

 2つ目が収納。片づけといえば=収納と考えている人も多いですが、収納はモノを使いやすい状態に収めるという意味。

 3つ目が循環。循環は、出したら戻すというサイクルの意味と、1つ増えたら1つ減らすというサイクルの意味の両方をさします。

 この3つの意味のなかで、もっとも重要なのが「整理」です。当たり前の話ですが、たくさんのモノがごちゃ混ぜ状態では、どんな人でもうまく片づいた状態をキープすることができません。

 それは片づけのプロでも同じ。だからこそ、お客さまのお宅の片づけをサポートするときも、必ず整理の作業から行います。

決まった手順通りに片づけるのが成功のカギ

 いざ、片づけよう! と思った方が、陥りがちな失敗があります。それは「整理」と「収納」を一緒にやってしまうこと。本来、整理をし終えた場所でないと収納はできないのに、片づけが苦手な方は、ついモノを区別しながら収納もしていこうとしてしまいます。これが、作業のスピードを遅くして、せっかく片づけたつもりでもリバウンドしてしまう大きな原因です。

片づけられない人は「片づけ方」を知らない…誰でもできる“整理の5ステップ”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事