NEW

宮迫、吉本興業による“口封じ&真相隠蔽”圧力を告発…岡本社長「会見するならクビ」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮迫博之(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 19日に反社会的勢力への闇営業問題で吉本興業からマネジメント契約を解消された宮迫博之(雨上がり決死隊)と、同問題で吉本から謹慎処分を受けている田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は20日、会見を行った。

 会見のなかで宮迫は、5月に吉本が宮迫らが反社勢力からギャラを受け取っていたことを発表した直後、騒動が大きくなるなかで、宮迫は複数回にわたり吉本に対して自ら会見を行いたい旨を伝えたが、「会社としては静観です」と拒絶されたという。

 そして5月24日に宮迫らは急遽事務所に呼び出され、「全員謹慎です」と伝えられ、宮迫は「僕自身が謹慎するのは当然」だと思い、再び「会見をやらせてください」とお願いしたが、「ダメだ。会社としてはやらない」と言われたと明かした。

 さらに宮迫は会見内で、吉本の岡本昭彦社長の言動にも言及。

 たとえば、騒動への対応について宮迫、田村、2人と同じ会合で闇営業を行っていたHG(レイザーラモン)、福島善成(ガリットチュウ)と、岡本社長、吉本社員、吉本側の弁護士とで話し合いを行っていた際、社員と弁護士を一旦退室させた岡本社長から、

「お前ら、テープ回してないやろな?」

「亮、えーよ、お前、辞めて一人で会見したって。やってもええけど、全員連帯責任でクビにするからな」

「それでえーか? 俺にはお前ら全員クビにする権利があるからな」

と言われたと明かした。

 その後、謹慎期間に入った後も宮迫は岡本社長に対し、「引退会見でもよいので会見させてください」とお願いしたが、岡本社長から「引退はさせない、させるわけにはいかない」「(会見の)期間はこちらで決定する」と言われたため、「会社のためにも、すぐにやるべきです」と反論したが、「それはできない。期限はこっちの権限だ」の一点張りだったという。

 会見の様子を観た週刊誌記者は語る。

「不祥事を起こしたタレント本人が、引退覚悟で“謝罪会見をして経緯をすべて説明したい”と言っているにもかかわらず、事務所側がそれを頑なに拒み“静観”を決め込むというのは、タレントの口を封じて真相を隠蔽しようと圧力をかけるのと同じです。起こしてしまったことは仕方ないとしても、本人がきちんと世間に釈明したいという意向を、たとえ所属事務所であっても握りつぶす権利はありません。さらに岡本社長の一連の言動は明らかに不適切であり、今後は吉本経営陣の責任問題に発展する可能性もあります」 

宮迫、吉本興業による“口封じ&真相隠蔽”圧力を告発…岡本社長「会見するならクビ」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事