NEW

日産、次期社長選びが混迷…支配狙うルノー派vs社内昇格組、日産の独立性を賭けた緊迫の攻防

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】日産、次期社長選びが混迷…支配狙うルノー派vs社内昇格組、日産の独立性を賭けた緊迫の攻防の画像1
日産自動車・西川廣人前社長兼CEO(写真:つのだよしお/アフロ)

 日産自動車の西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)は、9月16日付で辞任した。取締役としては残るが、経営の中枢からは外れた。山内康裕最高執行責任者(COO)がCEOを代行し、日産の指名委員会は10月末までに“ポスト・西川”を選ぶ予定だ。

 日産の取締役11人のうち7人は「独立社外取締役」だ。残りは日産の西川、山内両氏と、筆頭株主である仏ルノーのジャンドミニク・スナール会長、ティエリー・ボロレCEOだ。

 西川氏が取締役を辞任すればルノー2:日産1となり、日産側が不利な状況になる恐れもあり、西川氏は取締役にとどまることになった。日産側が社長兼CEOを出せれば、西川氏はお役御免ということになるかもしれない。

 ただ、西川氏の後任の取締役を選任するには、株主総会での決議が必要になる。今後、ただちに臨時株主総会を開くことについて、日産社内は慎重な見方が大勢だ。「ルノーが何を仕掛けてくるかわからない」(日産幹部)からである。

次期CEOには難題が待ち受け

 2018年11月、カルロス・ゴーン元会長が辞任した。1年もたたないうちに“ゴーン・チルドレン”の西川社長兼CEOが交代する事態となった。

 西川氏の“事実上の更迭”について日産幹部は、「ガバナンス改革が機能した結果」と自画自賛するが、「日産はすべてのウミを出し切ったのか。負の遺産はもうないと言えるのか」(外資系証券会社の自動車担当のアナリスト)など、懐疑的な見方が根強い。

 19年4~6月期の連結純利益は、前年同期比94%減の63億円。ギリギリのところで赤字を回避したといった状態だ。「7~9月期は少し回復基調にある」(木村康取締役会議長)という楽観的な見通しもあるが「最悪の場合、赤字転落」(前出のアナリスト)という厳しい見立てもある。

 業績の下方修正や減配のリスクが常につきまとっているわけで、次期CEOには難題が待ち受けている。

日産、次期社長選びが混迷…支配狙うルノー派vs社内昇格組、日産の独立性を賭けた緊迫の攻防のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事