NEW

スタバ、スルーされがちな“隠れた人気メニュー”5選!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタバ、スルーされがちな隠れた人気メニュー5選!の画像1
スターバックスの店舗

 さまざまなコーヒーチェーンがひしめき合い、しのぎを削っている昨今。その業績で独走態勢を築いているのが、“スタバ”という愛称でもおなじみの「スターバックス コーヒー」だ。

 国内1400以上の店舗を構えているという同チェーンは、国内店舗数で2位につけるドトールコーヒーショップを300店以上も上回り、大きくリードしている。また、同チェーンを展開するスターバックス コーヒー ジャパンは、2018年9月期(17年10月~18年9月)の売上高で1827億円となり、過去最高を更新。こちらも、2位のドトールコーヒーショップの売上高(19年2月期)の1.4倍以上となっている。

 数字の面からも人気の高さがうかがえるスタバ。選ばれる理由のひとつとなっているのが、そのメニュー数の多さである。しかし、さまざまな商品が取り揃えられているのはうれしいところだが、ラインアップされているドリンクやフードの数々を試さずにスルーしてしまっている人も少なくないのではないだろうか。

 そこで、今回は「この秋、買うべきスタバの商品」として5品を厳選。本記事を参考にして、本当にあなたに合ったスタバメニューを見つけてほしい(価格は税別)。

ムース フォーム ラテ/450円(トールサイズ)

 まず紹介するのは「ムース フォーム ラテ」。公式サイトで「ノンファットミルクで作られているとは思えないほど重厚感のある口当たり」と紹介されているムースフォームが、たっぷりと注ぎ込まれているドリンクだ。スタバ、スルーされがちな隠れた人気メニュー5選!の画像2

 ホイップクリームのような見た目をしたミルクの泡がふわふわと唇に当たる触感は独特で、ほかのドリンクでは得ることのできないもの。一方、その味わいは非常にクリーミーで、ベースとなっている濃い目のラテと抜群にマッチしている。

 冷たい「アイス ムース フォーム ラテ」でも同じようなムースのふわふわ感を楽しむことができるので、暖かい日もあれば寒い日もある秋には、アイスとホットを使い分けるのがおすすめ。ネット上に「新感覚だった」という書き込みも多いこのドリンク、一度試してみてはいかがだろうか。

ほうじ茶 ティー ラテ/440円(トールサイズ)

「ほうじ茶 ティー ラテ」は、古くから日本で親しまれてきたほうじ茶とミルクを相性がぴったり合うようにミックスしたドリンクで、日本でのみ発売されている限定商品だ。

 甘みのあるミルクの向こうにほうじ茶特有の香ばしさが感じられる逸品で、主に女性から高い支持を得ているメニューである。だが、あくまでも甘さは控えめにつくられており、ほかのメニューとは違ったあっさり感を味わえるドリンクなので、甘い物が苦手な男性にもうってつけなのではないだろうか。

 寒くなり始め、温かい飲み物が恋しくなる季節に、一口飲めばほっこりとした気分になること間違いなしだ。

キャラメル マキアート/430円(トールサイズ)

 仕上げにオリジナルキャラメルソースがトッピングされた「キャラメル マキアート」は、男女を問わず圧倒的な人気を獲得している定番商品。バニラシロップとスチームミルクを組み合わせたものの上にフォームミルクが乗せられており、甘くてミルキーな味わいを楽しむことができる。

 だが、最後にエスプレッソが加えられているので甘さ一辺倒になっていないのがキャラメル マキアートの大きな特徴。ファンからは「飲むとホッとする」という声も多く上がっている。鉄板メニューといっていいだろう。

スタバ、スルーされがちな“隠れた人気メニュー”5選!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事