NEW
沖有人「不動産の“常識”を疑え」

賃貸の家賃はお金をドブに捨てるのと同じ…独身で都心マンションを購入して資産形成に成功

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の家賃はお金をドブに捨てるのと同じ…独身で都心マンションを購入して資産形成に成功の画像1
「gettyimages」より

独身でマンションを買った人の「末路」

 Kさんは都内の会社に勤める会社員の男性だ。最初に家を買ったのは2013年9月、まだ20代半ばの独身時代だった。

「それまでは賃貸に住んでいたんですが、家賃を考えてオフィスからかなり遠い物件にしてしまったので、満員電車に乗って通勤するのが大変でした。たまたま品川駅近くでタワーマンションの分譲物件が販売されることを知って、買おうかと考えたんです」(Kさん、以下同)

 興味を惹かれた物件は、新幹線が通り、近い将来にリニア中央新幹線の発着も見込まれる、JR品川駅の高輪側にあるタワーマンション。品川駅周辺でも港南側にはタワーマンションが林立しているが、反対サイドの高輪側は供給が限られている。Kさんがこの物件に関心を持ったのも、「品川駅徒歩圏で高輪側の物件の供給は限られている」という理由が大きかった。

 まだ独身だったKさんは、このタワーマンションの中では比較的面積が小さな1LDK、36平米の物件に目をつけた。南西向き、階はタワーマンションの中では低層にあたる4階。価格は3900万円ほど。両親に相談して、購入資金を借りることにした。

 Kさんは、それまで貯めていた貯金をはたいて600万円弱を払い、残りは両親から借り入れて、キャッシュで自宅を購入することができた。

「賃貸に住んでいたときは、毎月の家賃の支払いは当たり前のことだと思っていたので、無駄にキャッシュアウトばかりしていることに気がついていませんでした。いざ家を買ってみると、『賃貸に住むのはお金をドブに捨てているのと同じだ』と感じます」

結婚したら、住み替える

 Kさんは満員電車による長時間の通勤から解放され、都心のタワーマンションで独身生活を謳歌するようになった。が、その後2年ほどして結婚することになった。

 36平米の1LDKはひとり暮らしには十分だったが、結婚するとなると手狭だ。最初に買ったマンションは1600万円値上がりし、5500万円になっていた。こうして「賃貸はお金をドブに捨てているのと同じ」という感覚を持つようになったKさんに、手狭になったから賃貸に移るという発想はない。新たな人生のステージに合わせて、自宅を買い換えることにした。

 このとき、Kさんには2つの選択肢があった。ひとつは住んでいた1LDKを売り、含み益をキャッシュ化した上で、それを資金として新居を買うこと。もうひとつは、今住んでいる物件は売らずに賃貸に出し、新居は新たに住宅ローンを組んで購入することだ。Kさんは後者を選んだ。

都心のタワマンが3年で400万円の値上がり

 前回の物件選びが見事に成功したことから、Kさんは次も都心のタワーマンションを選ぶことにした。今度は、港区の山手線内側の徒歩圏内にあるタワーマンションである。

 2LDKで価格は約7000万円。やはり、タワーマンションの中では低層の物件とした。もう貯金はなかったので、頭金の1割をまた両親に頼んだ。今回は借り入れではなく、結婚祝いに贈与してもらえることになった。こうして、2015年7月、Kさんは夫婦のための新居の購入契約を結んだ。

「今回は9割が住宅ローンとなったので、ローンを払っていけるのか、物件価格が下落しないかという不安がありました」

『独身こそ自宅マンションを買いなさい』 自ら実践し、含み益1億円以上を得た著者が教える、数万人が純資産1兆円を増やしたメソッドを公開!「2人に1人がおひとりさま」の人生100年時代。マンション購入は早いほど得をする。 amazon_associate_logo.jpg

賃貸の家賃はお金をドブに捨てるのと同じ…独身で都心マンションを購入して資産形成に成功のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事