NEW

百田尚樹、杉田水脈議員の容姿に言及し罵倒…保守派の八幡和郎氏に自著批判され罵倒

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
百田尚樹、杉田水脈議員の容姿に言及し罵倒…保守派の八幡和郎氏に自著批判され罵倒の画像1
『日本国紀』『「日本国紀は」世紀の名著かトンデモ本か』

 政治的なスタンスに賛否はあろうが、百田尚樹氏が同時代を代表するストーリーテラーのひとりであることを疑う人は少ないだろう。百田氏は6月、作家を引退すると宣言したが、またぜひ小説を書いてほしいと期待している人も数多いはずだ。

 その百田氏が最近、ツイッター上で自民党の杉田水脈衆議院議員を辛辣に批判した。そのきっかけとなったのは、10月11日に発せられた以下の杉田氏のツイートだ。

「そしてお昼は、女性議員飛躍の会。講師に八幡和郎先生をお迎えし、皇室についての勉強会を行いました」

 このツイートには、八幡和郎氏の著書『「日本国紀」は世紀の名著かトンデモ本か』(以下、「八幡本」と略称)の表紙のアップ、出席者の着席風景、出された食事などの画像が同時にアップされている。八幡氏は自民党の勉強会に講師として呼ばれて、皇室について講義を行った。そのときに八幡本が配られて、それを杉田議員がツイッターにアップしたという流れである。

 これを見た百田氏が、次のようにツイートした。

「八幡和郎が私を攻撃した本を堂々とアップしたということは、この女性議員、はっきりと私を挑発しているんやな。あるいは宣戦布告か。なるほど、なら、その挑発に乗るわ。これまでは武士の情けで言わなかったことも今後は出す。関係ないけど、実物とまるで違うアイコンはどういうつもりやねん」

 このあとには、杉田氏の容姿にまで言及する罵倒ツイートが続いた。

百田氏が怒りを爆発させた理由

 これらだけ見ると過剰反応に思えるが、百田氏が怒りを爆発させたのには理由がある。

 大ベストセラーとなった百田氏の著書『日本国紀』(幻冬舎)は、出版当初から賛否両論が渦巻き、大きな論争となっていた。賛成派からは、「歴史書としては例外的なほどおもしろく、分厚いのに短時間で読めた」「日本史を考え直すきっかけになった」など賞賛の声が上がった。反対派からは「間違いが多い」「Wikipediaからの剽窃が散見される」などの批判があった。

 そんななか、官僚出身の評論家である八幡氏の本が出版された。百田氏と対立しているリベラル派からならまだしも、保守的な立場の八幡氏からの批判だったためか、百田氏は敏感に反応。八幡氏の出版予告のツイートを引用して、百田氏は次のようにツイートをした。

「この人物、『日本国紀』が出た直後から、重箱の隅をほじくるようにネットで私の本の悪口を書きまくり、『本当の歴史が知りたければ俺の◯◯という本を読め』と必死で誘導していたが、とうとう、露骨に小判鮫本を出版か。歴史家を名乗っているなら、他人の本に乗っからずに堂々と自分の本を書けよ」

百田尚樹、杉田水脈議員の容姿に言及し罵倒…保守派の八幡和郎氏に自著批判され罵倒のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事