NEW

渋谷区、ハロウィーン対策のため税金から「1億円投入」の正当性…区外者の迷惑行為のために

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年渋谷ハロウィン(写真:アフロ)

 昨年、渋谷で行われたハロウィーンでは、軽トラックが横転させられ、痴漢や盗撮、暴行、窃盗などが起こり、23人が逮捕、10人が書類送検されるという大荒れとなった。ハロウィーンの時期には渋谷に近づくまいと、カレンダーを確かめている人々は少なくない。

 そんなハロウィーン対策として渋谷区は今年、約1億300万円の予算を計上した。インターネット上には、「1億円もの金、他に使い道があるんじゃないのか」「大規模な水害の発生で、天皇即位のパレードでさえ延期されているのに、ハロウィーンなんかやってる場合か」「必要な金は参加する奴から徴収しろよ」などという疑問の声が散見される。

 渋谷区によるとハロウィーン対策費として約1億300万円が本年度一般会計補正予算に計上されたのは、9月の区議会中間本会議。内訳は、警備体制関連に約9000万円、駅周辺でのマナー啓発フラッグ関連に約500万円、仮設トイレ関連に約700万円となっている。警察の警備に加えて、100人超の警備員を配置することにしたのだ。渋谷区職員から募った有志で、路上飲酒している人などに注意することも決められた。

 マナー啓発フラッグは、公園通りに237枚、センター街に144枚、道玄坂に142枚、掲げられた。「SHIBUYA PRIDE(渋谷プライド)」「ハロウィーンを渋谷の誇りに」のキャッチコピーは、きゃりーぱみゅぱみゅ、野宮真貴、小宮山雄飛、Zeebra、Kダブシャイン、EXILE USA、EXILE TETSUYA、私立恵比寿中学、小林直己、夏木マリらの直筆によるものだ。

「データなどを算出しても、集まってくる人の中に渋谷区民はほとんどいない。本来は区民のために使う税金。本音としてはこんなお金を使わずマナー、モラルの下に楽しんでもらいたい」

 ハロウィーン対策費の説明のための長谷部健区長の会見では、そんな苦渋の言葉もにじんでいた。ハロウィーンイベントを代々木公園で開くという案も検討された。だが渋谷駅から代々木公園への動線をつくるのが難しい上、11月2~3日に約80万人が参加する「渋谷区民祭り・ふるさと渋谷フェスティバル」の開催のため代々木公園にはすでにテントなどが設営されていることから、この案は却下された。    

「受容の限界を超えた人々が密集」

 ハロウィーンの期間に主に参加者が集まる渋谷駅周辺での、道路、公園、広場での飲酒を禁じるなどを定めた「渋谷駅周辺地域の安全で安心な環境の確保に関する条例」は、6月の渋谷区議会定例会に提出された。6月6日の区議会で、自民党の中村豪志議員が条例について質問している。

「例えば、昨年10月末のハロウィーンのときの状況を踏まえた年末のカウントダウンでは、人が集まるエリアと移動する方々のエリアを明確に区切ることで、ハロウィーンのときのようなことは起こりませんでした。今回の条例が制定された後、経過を見て、実効性がないようであれば、条例改正も含め実効性を伴うものとしていかなければならないと思います。今回の条例案を提案される目的効果、そして善後策について、区長の見解を伺います」

渋谷区、ハロウィーン対策のため税金から「1億円投入」の正当性…区外者の迷惑行為のためにのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事