NEW

日清の完全栄養食「All-in NOODLES」のみで3日間生活したら驚愕の結果に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日清の完全栄養食「All-in NOODLES」のみで3日間生活したら驚愕の結果にの画像1
All-in シリーズ|日清食品グループ オンラインストア」より

 即席麺業界のトップに君臨する日清食品が「完全栄養食」をうたう即席麺「All-in NOODLES」を発売した。特殊な製法により、これだけで1日に必要な栄養分を摂取することができるという。今回は、食品業界でブームとなりつつある完全栄養食を解説しつつ、実際に同商品のみを3日間食べ続けた様子をレポートする。

静かに起きている「完全栄養食ブーム」

 食品業界では静かなブームとなっており、「日経MJ」(日本経済新聞社)が発表した「2019年上期ヒット商品番付」にもランクインしている「完全栄養食」。そもそも、完全栄養食とはどのようなものなのか。明確な定義はないが、厚生労働省が基準とする、1日に必要な栄養素の3分の1が1食に含まれている食品を指す。そのため、1日3回食べれば、それだけで1日に必要な栄養素を摂取できるというわけだ。これまで、水に溶かす粉末やグミ、パスタなどが発売されている。

 日本においてブームの火付け役とされているのは、BASE FOODが開発した「BASE PASTA」。2017年2月に発売され、1分で茹で上がる生パスタながら「世界初の完全栄養パスタ」とうたっている。発売直後から話題を呼び、20~40代を中心にヒット。累計49万食を売り上げているという。また、パスタ以外のさまざまな味付けで食べられるように改良した「BASE NOODLE」も19年7月に発売されている。

 これに対抗するように、19年3月に日清は同じく完全栄養食パスタ「All-in PASTA」を発売。BASE FOODは生麺製品のラインナップだったが、日清は乾燥パスタで攻勢をかけた。カップ焼きそばのようにカップで調理可能な商品もあり、ウェブでは2カ月分のストックが販売開始5時間で完売したという。

初体験の完全栄養食で3日間生活

 そんななか、日清は8月にまぜそばタイプの完全栄養食「All-in NOODLES」を発売した。「All-in PASTA」と同様にカップ麺タイプのものがあり、味は「油そば」「トムヤムまぜそば」「坦々まぜそば」の3種類。値段は600円(税別)で、まとめ買いすると安くなる。

 今回、これを実際に3日間(9食)食べ続けてみた。味は公平に3種類それぞれ3食ずつ。ちなみに、筆者は完全栄養食自体が初体験だ。記念すべき1食目は、味が無難そうな「坦々まぜそば」から検証を始めた。

 まず、蓋を開けた瞬間にふんわりと磯の香りがする。おそらく、麺に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養素のにおいだろう。明らかに普通の乾燥麺のにおいではない。また、麺の色もやや緑がかっているため、食べる前から少し食欲が失せてくる。

 袋に入っている、かやくや液体スープ、ほぐし液を取り出し、お湯を注ぎ、蓋をして6分間待つ。その後、カップ焼きそばのようにお湯を捨て、ほぐし液やスープを入れて混ぜる、というのが基本的なつくり方。これは、ほかの2種類の味も同じだった。

「坦々まぜそば」は、一見すると普通の汁なし担々麺と同じ。前述したにおいと色味に躊躇するが、食べてみると意外においしい。しっかりと味がついていて、山椒の辛さもほどよく効いている。

「これはイケる」と食べ進んでいったが、肝心の麺がボソボソとしていて口当たりが悪い。一口目は気にならなかったが、噛みしめるごとにそのボソボソ感が際立ってくる。最初は気にならなかった磯の香りと青臭さも、徐々に調味料の味をさらっていく。

日清の完全栄養食「All-in NOODLES」のみで3日間生活したら驚愕の結果にのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事