NEW
黒川智生の「アパレル、あばれる」

老舗ワールド、“オフプライスストア”の勝算…なぜ他社含む複数ブランドを格安販売?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 埼玉県さいたま市。「にしおおみやファッションモール」に「&Bridge(アンドブリッジ)」が9月14日(土)オープンした。広さは約300坪。ワールドとゴードン・ブラザーズ・ジャパンの合弁会社が手掛ける、オフプライスストアである。

筆者撮影

 といっても、既存のアウトレットストアと何が違うの? というのが素朴な疑問だろう。

 オフプライスストアとは、複数ブランド、さまざまな業種の商品を1カ所で扱う店舗で、品揃え力とか「えっ、これ安くていいね!」という驚きが集客の肝となる。多くのアウトレットストアが「ブランド名」を看板にして、その商品やサービスだけ扱うことが多いのと比較すると、理解しやすいだろう。

 もともとこの場所では、ワールドが「NEXTDOOR.COM」という自社アウトレット業態を長期間営業しており、来店客からも「改装しましたか?」の声が聞こえるほど。新店舗の運営も引き続き同グループで行っている。

 ちなみに、ワールドはSPA型ブランドを多く有しており、1998年9月にアウトレット業態「NEXTDOOR」1号店を横浜に出店した。その後、2000年には類似業態の「プレイスリプレイス」も開業している(現在はない)。セカンドステージに来た商品をどう販売するのかという点において、業界屈指の豊富なノウハウを有している。

店舗の実態はいかに?

【立地&来店されるお客様】

 国道17号バイパスに面しており、車での来店が主。JR埼京線西大宮駅からは、20分以上歩く。

 この理由を考えると、下記の2つが考えられるだろう。

(1)しまむら3業態、ダイソー大型店と立地を同じくする。

(しまむらは1万2000世帯が1店舗の基本商圏。近隣のお客様にマメに通ってもらう前提)

(2)「&Bridge」オフプライスストア自体の認知が広がるのは、これから。在店客数は10人で、1人か2人組で来ている。業界関係者で視察と思しき背広姿の方も3人いた。カップルなど、夕方にかけて入店数は増えていった。

老舗ワールド、“オフプライスストア”の勝算…なぜ他社含む複数ブランドを格安販売?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事