NEW
連載
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

スタバ、「1500店超え」でもサービス品質落ちない“驚異の人材教育”…直営店率9割

文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタバ、飲食店業界初の1500店超えか…コメダと真逆の経営、直営店率9割超の裏側の画像1
中目黒「ロースタリー 東京」店内にある「プリンチ」で働くスタッフ

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数ある経済ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

 まだ正式に発表されていないが、スターバックスコーヒーの日本国内の店舗数が「1500店を超えた」と耳にした。

 1996年に日本1号店を東京・銀座に開業して以来、23年での達成で、喫茶業界としては史上初だ。近年は年間100店を超えるペースで増え、拡大基調に転じている。ここまで店舗数を拡げたことには敬意を表するが、ビジネス目線では喜んでばかりもいられない。まずは少し引いた観点から説明しよう。

 国内は少子高齢化が進み、就業人口も年々減少している。「働き方改革」が言われ、従業員を不当な労働条件で酷使する“ブラック企業”には厳しい目が注がれる。

 そうしたなかで、従業員の就業意欲を高めつつ、「スターバックスブランド」をどう維持していくか。今回は、あまり報道されることのない、同社の人材育成の取り組みを具体例で紹介したい。

国内約1500店のうち92%が直営店

スタバ、飲食店業界初の1500店超えか…コメダと真逆の経営、直営店率9割超の裏側の画像2
「スターバックスコーヒー 福岡大濠公園店」(福岡県福岡市)の外観

 以前も当連載で紹介したが、国内における大手カフェチェーン店を別の数字から考えたい。店舗数で500店を超えるのは次のブランドで、いわば「4大チェーン」だ。

・4大チェーンの店舗数と直営店率

※以下、店名:国内店舗数、直営店数(店舗数に占める割合)

(1)スターバックス コーヒー:1497店(9月30日現在)、1377店(約92%)

(2)ドトールコーヒーショップ:1106店(11月30日現在)、189店(約17%)

(3)珈琲所 コメダ珈琲店:849店(8月末現在)、詳細は開示せず

(4)タリーズコーヒー:741店(12月2日現在)、詳細は開示せず

 店舗数でも競合を圧倒するスターバックスだが、今回注目したいのは直営店率。この数字が圧倒的に高いのだ。

 ちなみに非開示のうち、コメダ珈琲店の直営店率は数%にすぎない。スタバとは真逆に90%台後半が加盟店(フランチャイズチェーン=FC店やボランタリーチェーン店)だ。タリーズコーヒーは、直営店とFC店が半数ぐらいの割合と聞く。

 これは何を意味するのか。加盟店が多いチェーンは、店長や店舗スタッフなどの人材開発(雇用して育てる)を、本部ではなく相手先企業(や個人店)が担う。最近、よく話題となるコンビニ本部とFC店の関係に近いが、大手カフェチェーンは本部主導で店舗スタッフの研修を行うことも多く、もう少し親密な関係だ。

関連記事