NEW
連載
中谷明彦「クルマの匠(Professional)」

日産GT-R、ついにポルシェと同じ領域に達した…しかも価格は圧倒的に割安

文=中谷明彦/レーシングドライバー、自動車評論家
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去から現在までを含めて、間違いなく国産車最速モデルを名乗れる車が日産自動車GT-Rだ。現行のR35型は2007年に登場した第三世代と呼ばれている。

 このR35型はデビュー当初から速い車だった。3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンをフロントミドシップにマウントし、トランスミッションはリアアクスルマウントとするトランスアクスル方式を採用。さらに4輪を駆動するAWDシステムが480馬力を誇るパワーを有効に路面へと伝えていた。

 トランスミッションはツインクラッチのDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用。2ペダルのイージードライブを可能としながら、シームレスな変速が強力な加速性能を支えていた。

 このGT-Rを初めて走らせたのは仙台ハイランド・レースウェイだった。GT-Rは独ニュルブルクリンクサーキット(通称・ニュル)での開発を主とし、国内では最もニュルに近い特徴を持つ仙台ハイランドにベースを置いていたのだ。

 初ドライブの印象は「抜群に速い」が「動きが鈍い」「足(サスペンション)が固く乗り心地が悪い」といったもの。800万円前後の価格設定は日産車としては極めて高額だったが、ライバルと目されたポルシェ911より数百万円安く、スペックと速さを知ってからは「安い!」と感じていた。

 それから年々進化する開発手法が取られ、今年(2019年)11月に2020モデルが披露されテストドライブする機会が与えられたのだ。

軽量化により格段に速さを増した

 テストステージは千葉県の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイだ。西仙台ハイランドは東日本大震災で被災し、現在は廃止されてしまった。テストベッドを失いながらもGT-Rは国内や世界中のレースシーンで大活躍し、さまざまなフィードバックを行って基本構成を変えることなく高性能化を果たしてきていた。

 2020モデルの特徴は、さらなる速さの追求と快適性・質感の向上にある。速さは軽量化とエンジン性能の向上、カーボンブレーキを装備させてブレーキ性能を高めることなどで達せられたという。その究極のモデルがGT-R・ニスモであり、今回の走行テストで最も感銘を受けたモデルである。

 ニスモ(NISMO)は「日産モータースポーツ」の略から生まれた造語で、その名の通り日産のモータースポーツを全体的に司る専門的な会社である。GT-R・ニスモはそんなニスモがチューニングを手がけた本格的なモデルであり、長年の実績から実効性の高いチューニングが厳選され採用されている。

関連記事