NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

植松被告、やまゆり園障害者19人殺害を「正義」だと確信…強烈な欲求不満と他責的傾向

文=片田珠美/精神科医
植松被告、やまゆり園障害者19人殺害を「正義」だと確信…強烈な欲求不満と他責的傾向の画像1
相模原障害者施設で殺傷 容疑者を移送(写真:ロイター/アフロ)

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者19人が刺殺され、職員を含む26人が負傷した事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告の初公判が8日、横浜地裁で開かれた。

 植松被告は起訴内容を認め、「皆様に深くおわびします」と述べた。だが、その直後、突然両手を口に近づけ暴れ出して取り押さえられた。いまだに「意思疎通の図れない人は死ぬべきだ」という独りよがりの主張を繰り返している彼が心から謝罪しているのか、疑問である。

 彼が犯行に及んだ心理を理解するうえで鍵になるのは、事件後の精神鑑定で「自己愛性パーソナリティー障害」と診断されたほど自己愛が強いことだと思う。彼の自己愛の強さは、さまざまな言動に表れている。その1つが、事件の5カ月前にレポート用紙3枚分の手紙を衆議院議長に渡そうとしたことだろう。

「障害者を大量に殺害する」 計画を総理大臣に伝えてほしいという内容だったらしいが、これは「自分は特別な人間だから、自分の思想や行動は特別な偉い人にしか理解されない」と思い込んでいたからではないか。何の根拠もないのに、そう思い込んでいたからこそ、「特別な偉い人」である衆議院議長にわざわざ手紙を渡しに行ったと考えられる。

 強い自己愛の持ち主は、自分自身を過大評価しがちで、「本当の自分はもっとすごいはず」と思い込みやすい。そのため、「これだけでしかない」現実の自分を受け入れられず、現状に満足できない。必然的に欲求不満が募りやすいし、うまくいかないのを他人のせいにする他責的傾向も強くなる。この2つの要因は、植松被告にも認められる。

強い欲求不満

 植松被告は何よりも仕事に対して欲求不満を募らせていたようだ。小学校の図工の教師をしていた父親の影響か、幼少の頃から父親と同じ小学校の教師をめざしていたにもかかわらず、教員採用試験に合格できず、一時的に引きこもりに近い状態だった。また、大学卒業後、飲料メーカーの配送員として勤務したが、「給料が安すぎて、経済的にきつい」と訴え、半年で退社している。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合