NEW

ダイソー、今、絶対買うべきグッズ5選…結露吸水プリントテープ、イモノのいろり鍋

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

ダイソー」は、業界最大の100円ショップブランド。運営する大創産業が世に送り出すアイデア商品の数々は、ユーザーの心をつかんでやまない。近年では、一見すると「無印良品」と見まがうかのような高品質アイテムまで展開しており、“安かろう悪かろう”という業界イメージの払拭に成功したといえるだろう。

 そんな企業努力によるユーザーの増加と、消費増税による景気冷え込みの需要を捉えてか、ダイソーの2019年の年間売上はなんと約4757億円にものぼり、1日で見ても約230万人が来客し、約12億円もの売上を記録している。

 まさに右肩上がりのダイソー。店頭には、厳しいウィンターシーズンにも大助かりなアイテムがいくつも並んでいるということで、今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では「この冬、買うべきダイソーの便利グッズ」を5つ選んだ。ぜひ、買い物の参考にしてみてほしい。

ボアサンダル/330円(税込、以下同)

ダイソー、今、絶対買うべきグッズ5選…結露吸水プリントテープ、イモノのいろり鍋の画像1

 すっかり肌寒いこの季節。冬物のコートやブーツを用意して「準備完了!」と余裕な人も多いだろうが、ちょっとした買い物やゴミ出しのときに使うサンダルは盲点ではないだろうか。

 すぐ帰ってくるのにしっかりとした冬物の靴を履くのは面倒だし、かといって夏物の冷気吹き込むサンダルで強行突破するのもツラいはず。そんなときに活躍するのが、ダイソーの「ボアサンダル」だ。

 この商品は、モコモコで保温効果バツグンのボア生地を裏地に仕込んだ、クロックス風の履きやすいサンダル。折りたたみ式のかかと部分もついており、冬場のかゆいところに手が届く、マストバイなアイテムといえるだろう。

結露吸水プリントテープ(北欧柄)/110円

ダイソー、今、絶対買うべきグッズ5選…結露吸水プリントテープ、イモノのいろり鍋の画像2

 この時期は、夜から翌朝にかけて一気に気温が下がるので、室内の結露に悩まされる人も少なくないだろう。そこで頼りたいのが、ダイソーの「結露吸水プリントテープ」だ。

 ポリエステル製のフカフカとした吸水生地の裏側には、しっかりと貼りつく粘着テープがついている。結露が起きがちな窓ガラスや、トイレの給水タンクの下部にこのテープを貼りつけておけば、垂れてくる水滴を吸い取ってくれるというわけだ。

 一度吸い取った水分は、風通しをよくすれば勝手に蒸発してくれるので、しばらくは交換不要で使い続けられる。また、ベージュ色の落ち着いた北欧柄は、決してインテリアのさまたげにならないのも嬉しい。

くるくる毛玉取り/110円

ダイソー、今、絶対買うべきグッズ5選…結露吸水プリントテープ、イモノのいろり鍋の画像3

 久々に着る冬物のコートやセーター、マフラーを取り出したとき、「こんなに毛玉だらけだったっけ」と落ち込んでしまったことはないだろうか。もちろん服を買い替えるという選択肢もあるが、まずはダイソーの「くるくる毛玉取り」を試してみてほしいところ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ