NEW
ジャーナリズム

貴重な深海鮫「ラブカ」、死因は朝日新聞のストロボ撮影?水族館側の納得の説明

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラブカ(getty imagesより)

 生きた化石が死んだのは、新聞社やテレビ局の撮影時のストロボや照明のせいのなのか。それとも、深海と水槽の環境の違いからなのか。16日に熊野灘で捕獲され、和歌山県串本町の「串本海中水族園」に展示されていた珍しい深海ザメ「ラブカ」が、17日午前11時に死んだことが確認された。インターネット上ではこの死因をめぐって議論が沸騰している。事の発端は朝日新聞の記事だった。

 朝日新聞デジタルは17日付で、「生きた化石ラブカを捕獲 水族館で展示後に死ぬ」と題した記事を公開した。記事では「水族館によると、深海釣りをしている那智勝浦町浦神の遊漁船から、水深約550メートル付近で捕獲したと連絡が入ったという。体長は128・9センチで、体の特徴からオスとみられる。16日午後、水族館へ運ばれ、館内の水槽に入れられた」と捕獲の経緯を説明。そのうえで、同水族館で17日に死亡したと説明した。

 記事では「ラブカは原始的なサメの姿をとどめていて、生きた状態で見られることがほとんどない貴重な生物。水族館の関係者によると、熊野灘では約30年前にも見つかった例があるという」とその希少性を解説している。

「ラブカ」が死んだのは朝日のストロボ撮影のせい?

 ところが記事配信の際、Twitter上で掲載した写真のラブカの目が光っていたことが問題になった。Twitterやネット掲示板では次のような批判が殺到した。

「深海魚にフラッシュを焚いたら死んでしまうだろう。どうなってるんだ」

「ただでさえ水族館はフラッシュ禁止が普通なのに、暗い深海に住む魚にフラッシュってアホかと」

「暗いと反射的にストロボ焚いてしまうのは報道カメラマンの悲しい性か。機材は1DX m2かD5なんだろうから、紙面写真程度なら高感度撮影で全然余裕なはずなんだが」

 そして、まとめサイトで「朝日新聞、水族館の『生きた化石』の深海のサメにフラッシュを炊いてしまう。→その後死亡」などと取り上げられる事態になった。

マスコミ全般がストロボ、照明を使用か

 だが、朝日新聞以外の全国紙や地元紙の記事中の写真でも、朝日新聞と同様に目がストロボに反射して光っている写真や、水槽の枠に光が反射しているように見えるものがあった。またインターネット上では、テレビ局のニュース映像でも、カメラクルーが持つ照明とみられるものが水槽の枠に写っていることが指摘されている。つまり朝日新聞だけではなく、多くのマスコミがラブカに強い光を当てていた可能性があるのだ。

関連記事