NEW
連載
トイアンナ「私は言いたい」

婚活3年でも結婚できない女性の共通点…無意識の内に男に“細かすぎる足切り小テスト”

文=トイアンナ/ライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 婚活で苦労する女性というのは、意外と少ない。中だるみ期間を含んでも婚活を始めてから2年以内に成婚する方が過半数で、「もう何年も婚活をしていますが、いい人がいなくて……」というタイプは、かなり限られる。

 それでも、婚活体験談の口コミサイト「Conshare」の2015年9月15日付記事『【婚活者必見】日本初の婚活ブログアンケート調査の結果発表』によると、婚活経験者の14%が「5年以上」の長丁場を迎えている。とはいえ、年に2~3人にしか出会わない人も含まれており、「年に10名以上と出会っているのに結婚できないタイプ」は少ない。

 では、なぜ苦戦するのか。よく「高望み」という言葉が使われる。「年収1500万円以下は嫌だ」「親との同居は嫌だ」「身長180cm未満は嫌だ」と、条件でイヤイヤ尽くしをすれば、確かに高望みだろう。

男性は婚活でも外見重視

 ところが、筆者はこれまで1000人以上の人生相談を受けてきたものの、スペック上で高望みをしている女性は50名程度だろうか。それも、当人が高収入・高学歴で容姿も美しいため、“対等婚”を望んでのスペック重視の方も含まれる。だが、現実的には多くの女性が婚活に疲弊している。筆者には、その理由が「細かすぎる採点基準」だと感じている。

 一般的に、男性は一点突破で女性を評価する。結婚相談所のアドバイザーが集まると、決まって出てくる愚痴は「男性会員は顔と体型しか見ていない」というものだ。美人がモテるのは当然のことながら、相手女性が好みの顔であるなら条件をすべて捻じ曲げてでも成婚しようとする。そうなると成婚率は上がるが結婚後の不和も予想されるため、アドバイザーとしては複雑な心境を抱く。

 また、「希望する女性の年収は300万円以上。精神的に自立して、社交的で、よい育ちの……」とスペック面での条件をアドバイザーさんの前で連ねた男性が、条件をひとつも満たさない顔だけしっくりくる女性を選ぶのを見ては、「我々が条件を叶えようとした努力はなんだったんだ」とガックリくるという。慣れたアドバイザーさんになると、男性が語る条件はあまり参考にせず「好みの顔だと思った芸能人を10名書いてください」なんて対応を取ることもある。それくらい、男性は外見重視なのである。

 婚活で苦労する男性は、自分では到底手の届かない美人ばかりを追い求めるタイプに多い。特に年齢が40代になってから20代前半の美人を追うタイプだと、かなりの年収がなければ交際には至らないからだ。

関連記事