NEW
連載
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

バレエダンサーは42歳から年金?クラシックオーケストラの楽員の特殊な“定年&年金”

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了・25日掲載希望】バレエダンサーは42歳から年金?クラシックオーケストラの楽員の特殊な定年&年金の画像1
「Getty Images」より

 フランス政府が打ち出した年金改革に反対するフランス国鉄の労働者によるストライキは、昨年12月から年をまたいで1カ月以上にも及び、フランスは大混乱です。そんななか、世界トップクラスのパリ・オペラ座バレエ団のダンサーたちによるストライキも1カ月以上続いており、舞台スタッフ等の裏方も同調したために、バレエだけでなくオペラ公演も中止せざるを得なくなり、とうとうオペラ、バレエと60公演以上が中止となりました。損失額は1200万ユーロ(約14億円)という、オペラ座始まって以来の記録的数字になっています。

 実は、このダンサーたちが必死で守ろうとしているのは、1643年から72年間というフランス王家最長の在位を誇った、「太陽王」ルイ14世の時代に導入された年金システムなのです。

 バレエは、身体能力を屈指して美を表現する芸術です。それは器楽演奏家や歌手も同じですが、バレエは体全体でアクロバットのように跳んだり、回ったりする踊りを求められるので、どうしても年齢を重ねるにつれて難しくなってきます。つまり、スポーツ選手と同様に、ダンサーとして仕事をできる時間は短いのです。子供の頃からバレエ一筋でがんばってきて、18歳くらいで運良く仕事を掴んだとしても、35歳くらいで引退を考える人もいるくらいの短い寿命です。しかも毎年、若さ溢れるダンサーがバレエ学校を出てドンドン登場してきます。

 スポーツ選手のように怪我を抱えながら無理して踊り続けていても、40歳を超える頃には、もう体がきつくなり始めます。とはいえ、バレエ一筋の人生なので、ほかの仕事なんてできませんし、運良くバレエ学校の教師などになれればいいのですが、みんなそんなチャンスに恵まれているわけではありません。

 そんなバレエダンサーたちのために、“世界一美しい宮殿”といわれているヴェルサイユ宮殿を建設した、芸術好きなルイ14世によって、バレエダンサーならば42歳から受給可能な特例年金制度がつくられ、それが今まで続いていたのです。そのおかげでフランスでは、これまでたくさんの優秀なダンサーの卵たちが、将来の不安を持つことなくバレエ団に入団することを目指して必死の努力をしてこられたのです。

 今回、フランスのマクロン大統領が打ち出した年金改革は、現在42種類ある年金制度を一本化するというもので、それが実施されると、どのような職種の人であっても、64歳まで、年金を受給できなくなります。これはダンサーたちにとっては大問題です。64歳まで踊り続けなくては生活が困窮しかねないわけですが、そんなことは体力的にも無理ですし、こんなことを言うとダンサーたちに怒られるかもしれませんが、50、60代の踊り手が大勢出演して白鳥の湖を踊っている姿が、パリのバレエファンを楽しませられるとは思えません。

関連記事