NEW
ヘルス・ライフ

今、メルカリで“安いけど買うと痛い目に遭う”商品5選!ハンディスチームアイロンも

文=清談社
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今、メルカリで安いけど買うと痛い目に遭う商品5選!ハンディスチームアイロンもの画像1
メルカリ」より

 フリマアプリ業界で圧倒的なユーザー数と出品数を誇る「メルカリ」。昨年はスマートフォン決済サービスの「メルペイ」の提供を開始し、その勢いは留まるところを知らない。さらに、昨年末には、Google Playが選ぶ「Google Play ベスト オブ 2019」を受賞し、ますます利用者が増えているという。

 膨大な数の商品が出品されているメルカリでは、検索機能を向上させ、ユーザーが欲しいアイテムを簡単に見つけられるような工夫がなされている。特に、昨年導入された「写真検索機能」はスマホ内の写真をアプリに読み込むだけで類似の商品がヒットする、非常に便利な機能だ。現在はiOSのみに導入されており、Androidやそのほかの機種へは順次導入予定だという。

 もちろん、従来の検索方法でも詳細に絞り込むことができ、カテゴリーの選択や商品の状態、サイズを指定して検索することも可能。自分が求めるアイテムを見つけやすい。

 今回は、数あるカテゴリーの中から「家電」にフォーカスし、「今メルカリで買わないほうがいい家電」を5つ紹介する。

ネスカフェ ドルチェ グスト

 年末年始の宴席で定番の遊びといえば「ビンゴ」だ。ネスカフェが販売しているコーヒーメーカー「ドルチェ グスト」は、ビンゴの定番景品のひとつでもあるためか、この時期に出品が増える。簡単な操作で多彩なラインナップのドリンクを楽しめる利点があるが、日常的に使おうと思うとネックとなる点も多い。

今、メルカリで安いけど買うと痛い目に遭う商品5選!ハンディスチームアイロンもの画像2

 最大の問題点はカプセルの値段。ドルチェグストでドリンクを飲むためには専用のカプセルが必須で、これが比較的高値なのだ。たとえば、230mlで16杯分の「リッチブレンド」のカプセルは1箱980円。もし家族全員で飲むとなれば、それなりの値段となるだろう。本体の安さが目を引いても、長期的に使うとコストがかさむので、家計と相談して購入を検討しよう。

ハンディスチームアイロン

 忙しい朝でも素早く、そして簡単に衣類のシワを伸ばせるハンディスチームアイロン。特に、日々のシャツのアイロンがけを億劫に感じているビジネスマンは、ひとつ持っておいて損はない。しかし、メルカリでの購入はあまりおすすめできない。

今、メルカリで安いけど買うと痛い目に遭う商品5選!ハンディスチームアイロンもの画像3

 というのも、ハンディスチームアイロンの使用頻度は極めて高く、故障のリスクが高いからだ。メルカリで無保証の安価な商品を購入するより、少し値段が高くても家電量販店で購入するほうが安心度は高い。また、コードの長さなども使いやすさに直結するので、店頭でしっかり確認してから購入するほうが不安要素は少ないかもしれない。

ワイヤレスイヤホン

 スマホから従来のイヤホンジャックが廃止される傾向にあり、Bluetoothで接続できるワイヤレス型に注目が集まってきている。特に左右が完全に独立しているワイヤレスイヤホンは、コードがからまるなどの不便さがなく快適だ。

今、メルカリで安いけど買うと痛い目に遭う商品5選!ハンディスチームアイロンもの画像4

 しかし、質の良いワイヤレスイヤホンは高額でなかなか手が出しづらい。メルカリには破格の値段での出品も見られるが、安価な海外製の商品は音質がイマイチというレビューが多い。さらに、インナーイヤー型の場合は耳穴のサイズと合わない場合にイヤーピースの取り替えなどで調節することができないため、フィット感に不満を覚えることも。ストレスフリーに音楽を楽しみたいなら、試聴・試着をしてから購入することを推奨する。

関連記事