NEW
ジャーナリズム

韓国人と日本人は“こんなに違う”けど“こんなに似た者同士”だった

構成=長井雄一朗/ライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国人と日本人はこんなに違うけどこんなに似た者同士だったの画像1
日韓首脳会談での安倍晋三首相(右)と韓国の文在寅大統領(左)(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

 昨年12月、安倍晋三首相と文在寅大統領による日韓首脳会談が1年3カ月ぶりに開かれたが、元徴用工や従軍慰安婦をめぐる問題は、いまだ解決の道筋が見えていない。一方で、民間では反日と嫌韓を超えて活発な交流が行われており、昨年9月には11回目を数えた「日韓交流おまつり」が開催された。

 その日韓交流おまつり事務局長を務める権鎔大(ゴン・ヨンデ)氏は『あなたは本当に「韓国」を知ってる!?』(駿河台出版社)の著者で、日韓双方の事情に詳しい人物だ。長引く日韓対立や韓国社会の実情について、権氏に話を聞いた。

日本の「割る」文化と韓国の「混ぜる」文化

――『あなたは本当に「韓国」を知ってる!?』では、韓国人と日本人の違いが詳細に描かれています。

権鎔大氏(以下、権) 韓国人と日本人は一見すごく似ています。そのため、自分の感覚で相手に接しますが、期待する対応が返ってこないと不信感を抱き、失望してしまいます。まずは、双方の違う点について理解し合うことが重要です。

 たとえば、韓流ドラマは日本よりも情緒的で家族的です。そこが日本社会に受け入れられ、韓流ブームを生み出しました。しかし、言い換えれば韓国人は情に流されやすいという性質があるわけです。

 また、日本は湿気が多い国なので人々はより清潔に努め、それが「割る」ことにつながります。「割る」=「正確」に物事を対処する習慣ができたといえます。消費税を8%、10%に分け、本体価格と税を分けて表示するのも「割る」文化です。

 韓国の場合、消費税は10%一律で本体価格に含まれています。これは、韓国が「混ぜる」文化だからです。「ビビンバ」のように、混ぜると個々の味はわかりませんが、それぞれに混じり合い化学反応が起き、集中力が高まります。

 その例がスポーツに表れています。野球、マラソン、フィギュアスケートにしても、その競技人口は日本が圧倒的です。高校野球部数は日本が韓国の約100倍、駅伝は韓国にはありません。それでも、オリンピックなどの国際大会で韓国が日本と互角に闘っているのは、割らずに「混ぜる」ことによる集中力があるからだと思われます。

――アシアナ航空では日本地域本部長・中国本部長を務め、日本人、韓国人、中国人の社員たちと一緒に働いた経験もありますね。

 日本人は手堅く指示通りに働く一方で、韓国人は指示通りではないですが、いざというときに集中力を高めて実行する能力が高い。そのあたりでも、感覚のずれがあることは否めません。

 昨今の元徴用工や慰安婦問題に対して、日本人は「韓国は約束を守らない」と指摘し、韓国人は「日本はあまりにも情がなさすぎるのではないか」と、議論は平行線をたどっています。お互いの主張を押し付けあっているから、うまくいかないのかもしれません。お互いの違いを理解することから始めるのが肝要であり、今の対立は、日韓がより親しくなるチャンスになる可能性も秘めているのです。

関連記事