気軽に買える利便性と専門店をしのぐといわれるクオリティで、完全に根付いた感のあるコンビニエンスストアの100円コーヒー。その分各社の競争は熾烈で、豆を一新したり新しいドリップマシンに入れ替えたりするなどの進化が続いており、その力の入れ具合がうかがえる。

 そこで、年間約200店のカフェめぐりをしながらバリスタとして活躍する柳隆晴氏に、コンビニ5社(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ)、ファストフード店のマクドナルド、ショッピングモールのイオンで提供されている100円コーヒーを飲んでもらい、それぞれの特徴を教えてもらった。

 まず、前提としてコンビニのコーヒーマシンには「ドリップ」と「エスプレッソ」の2タイプがあり、今はドリップタイプが主流だという。

「エスプレッソは20~30ccの少量で濃いコーヒーを抽出してからお湯で割ったもので、表面にクレマと呼ばれる泡が浮いています。エスプレッソタイプは独特の風味があるので、複雑な味わいが好みの人に合っていると思います。ドリップは飲みやすく、よりすっきりした味わいになります」(柳氏)

 今回検証した7つのコーヒーの味わいを「すっきり」「苦み」のベクトルで表すと、以下のようになる。

<すっきり>

セブン-イレブン セブンカフェ ホットコーヒー
ミニストップ ホットコーヒー
マクドナルド プレミアムローストコーヒー
ローソン マチカフェ コーヒー ※旧型マシン
ファミリーマート ブレンド
デイリーヤマザキ 日々カフェ レギュラーコーヒー
~~~
イオンドリップカフェ キリマンジャロブレンド

<苦み>

「イオンドリップカフェ」はショッピングモールイオンのイートインコーナーやパン店の近くに併設されており、ショッピング時の休憩にはありがたい存在だ。7つのなかでは苦みが断トツという結果になった。

コンビニ&マック等の100円コーヒー、プロが選ぶベスト5!セブン抑えて1位は?の画像1

「イオンドリップカフェのコーヒーは深煎りで苦みが際立つ味わいなので、『コーヒーは苦いのが一番』という人にはオススメです。ミルクを入れれば飲みやすくなると思います」(同)

 それでは、バリスタ・柳氏が選ぶ100円コーヒーベスト5を見ていこう。

5位 ローソン マチカフェ コーヒー(S)

 2018年2月にメリタ社製のエスプレッソマシン「XT6」の導入が開始され、より短時間での提供が可能になったローソンの「マチカフェ」。公式サイトによれば、21年度には約1万4000店が新型マシンになる見込みだという。ブレンドコーヒー専用豆は、4カ国・5種の厳選されたアラビカ豆を採用している。

コンビニ&マック等の100円コーヒー、プロが選ぶベスト5!セブン抑えて1位は?の画像2

「ローソンのまちカフェは舌の中央と奥で刺激を感じますが、酸味はあまりなく、香りもかなりライトです。コク・苦みも落ち着いており、全体的なバランスはまずまずです」(同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ