NEW
ジャーナリズム

ダイヤモンド・プリンセス対応に疑問の声も…東京五輪開催に暗雲、安倍政権の目論見狂う

文=編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ウイルス肺炎が世界に拡大 横浜港にクルーズ船が停泊(写真:AFP/アフロ)

「本当に運のいい人だよ。安倍首相は。政権が窮地になると別の大きなニュースが起きる。北朝鮮のミサイルに助けられたこともあったし、自然災害もあった。今度は新型肺炎だ」

 日本で新型コロナウイルスによる1例目の感染が明らかになったのが1月16日。当初はないとされていたヒトからヒトへの感染が確認され、世界の感染者数が2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)流行を超えた1月末頃には、自民党内からそんな声が聞こえるようになった。

 1月20日から始まった通常国会は、「桜を見る会」「秋元司衆院議員が逮捕されたIR汚職」「河井案里参院議員の選挙をめぐるウグイス嬢買収疑惑」の3点セットがあり、野党が安倍政権を追及する場面で一色になる、と思われていた。

 確かに国会では野党は安倍政権を標的にして「桜疑惑」で徹底追及している。今年度の補正予算案審議、来年度予算案審議と続き、安倍首相が出席する予算委員会が開かれるため、疑惑の当事者に問い質す場面は多い。桜を見る会に安倍首相の後援会関係者が800人規模で参加したことなどについて、「募ってはいるが、募集はしていない」という珍答弁も飛び出した。

 しかし、「桜疑惑」で政権を攻める野党に対する評価はイマイチで、「どうしてもっと新型肺炎対策を議論しないのか」と非難される始末。

 だが、そんな“追い風”も長くは続かなかった。ここへ来て、日本政府の新型肺炎対応に批判が出てきたのだ。中国・武漢からの邦人退避のためにチャーター便を手配した頃まではよかった。1月28日に第1便、翌29日に第2便、31日に第3便が現地を出発。迅速対応は、茂木敏充外相や現地の外交官が中国政府と交渉した結果だと“武勇伝”のように報じられた。

 しかし、感染者の出たクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号が2月3日から横浜港に停泊。乗員乗客の14日間の船内待機が始まると、事態は変わってくる。客室に留まるように求められた乗客が船内環境の悪化を訴え出し、「持病の薬が届かない」「シーツの取り換えがない」などの不満が噴出。感染者も連日増え続け、搬送先の病院の対応が間に合わないほどの事態となり、受け入れ自治体が群馬県や山梨県などにも広がっている。

 3000人を超える乗員乗客全員を検査すべき、との声も上がり、12日の国会で加藤勝信厚生労働相は「全員検査」を明言せざるを得ない状況に。潜伏期間とした14日間が過ぎる19日に下船できるのかどうか、不透明になってきた。