【完了】クルーズ船・杜撰さ告発の岩田教授に「不完全だがゾーニングしている」と厚労省参与が反論の画像1
感染者が発生した横浜港に停泊するクルーズ船に乗り込む医療関係者(Abaca/アフロ)

 神戸大学病院感染症内科教授の岩田健太郎医師が、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内で、新型コロナウイルスの感染者が続発している背景をYouTubeで告発した。岩田医師は19日、動画を削除した。直前に、厚生労働省技術参与で沖縄県立中部病院医師の高山義浩氏が自身のFacebook上で岩田医師の告発に対する見解を公開したためとみられる。だが岩田医師は一夜明けた20日、日本外国特派員協会で会見し、動画を削除した理由について「船内の環境が向上し疫学的データも公表されたためです。ただ感染のリスクが存在しているという私の主張は変わりません」と改めて強調した。

 岩田医師は会見で「私の意図は、誰か個人を批判することではありません。しかし、『批判している』という意見があり、誤解が続かないよう動画を削除した。合理的、科学的な議論が状況を変えると思っている」と主張。日本国内でもアメリカ疾病予防管理センター(CDC)のような機関の必要性を訴えた。

「ゾーニングはしっかり行われています。完全ではないにせよ…」

 そもそも岩田医師が動画を削除することになった高山医師のFB上の指摘とはどのようなものだったのか。

 昨日の動画の公表に対して、高山医師はFB上で岩田氏に電話をした厚労省関係者は自身であること、DMAT(災害派遣医療チーム)のメンバーとして入り、DMATの仕事に専念することを薦めたことを認めた上で、次のようにFBに投稿した。

「現場は乗客の下船に向けたオペレーションの最中であって、限られた人員で頑張っているところだったからです。そうしたなか、いきなり指導を始めてしまうと、岩田先生が煙たがられてしまって、活動が続けられなくなることを危惧したのです。まあ、クルーズ船とは特殊な空間ですし、ちょっと見まわしたぐらいでアドバイスできるものではないとも思ってました」(Facebookから引用、原文ママ以下同)

 岩田医師がレッドゾーン(感染危険地帯)とグリーンゾーン(安全地帯)が「ごちゃごちゃになっている」と指摘したことに関しては次のように記している。

「感染症医として『グチャグチャ』と表現されるのは、分からないこともありません。でも、この表現はゾーニングがまったく行われていないかのような誤解を与えます。しかしながら、実際はゾーニングはしっかり行われています。完全ではないにせよ…。

 たしかに、先進国の病院であれば、あるいは途上国でセットされるNGOや国際機関による医療センターであれば、もっと洗練された感染対策が実施されるでしょう。でも、いきなり、約3700人の乗員・乗客(しかも高齢者が多い)において新興感染症が発生した船舶…というミッションは極めて複雑なのです。