NEW
連載
杉江弘「機長の目」

近年、軍による民間航空機撃墜事故が多過ぎる…交戦国上空の航空機飛行が常態化

文=杉江弘/航空評論家、元日本航空機長
「Getty Images」より

 国際紛争によって、またしても民間航空機が犠牲となった。2020年1月8日に発生したイラン革命防衛隊によるウクライナ航空機へのミサイル攻撃によって、176名全員が死亡した。

 イラン政府と当局は当初、当該期はエンジントラブルで空港に引き返すところであったと嘘の説明を繰り返していたが、相次ぐ証拠によってこれ以上、国際社会を騙し続けるのは困難と判断し、事件から3日後になって軍の誤射によるものと認めた。しかしながら誤射の理由について、イラン統合参謀本部は「革命防衛隊の重要施設へ接近し、高度や形状から敵の攻撃に見えた」と、責任の一端を相手のせいにしている。

 あまり知られていないが、実はウクライナ機が離陸したのはイランがイラクにあるアメリカの軍事施設をミサイル攻撃した約4時間後であるが、その間までに8機の民間機が離陸しており、当該機は9番目の出発機であった。つまり8機の先行機もホメイニ空港から西にある革命防衛隊のいくつかの重要施設の上空を飛行していたのであるから、ウクライナ航空機だけが敵に見えるはずはなく嘘の上塗りを重ねているといえよう。

国際社会はイラン側の説明を垂れ流す失態を演じた

 現代のハイテク機は航空機から管制官へ通信衛星を介して詳しい情報をリアルタイムで発信している。これは2次レーダーのトランスポンダーで使われるADS-Bという電波によるものであるが、フライトレーダー24という民間サイトはそれを利用し、世界中誰でも見られるように記録を公開している。

 したがって航空事故や事件の原因の究明に使われるブラックボックスが解析されなくても、一定の事実は事故や事件の直後にわかるようになってきている。そしてパイロットと管制官との間で無線でやり取りする管制記録も、当局がその気になればすぐに公表でき、これも真相を解くカギとなる。

 では、被害に遭ったウクライナ機に関するこれらの記録はどうであったか。当該機は出発コースに従って真っすぐに、しかも全エンジンが正常な時と同じ上昇率で加速しながら機影が途絶えるまで順調に上昇していた。仮にイラン政府側が主張していたようにエンジントラブルが起きていれば、機は左右に振られたり速度が落ちるはずで、主張はこれらの科学的データと矛盾する。

 そして離陸から約4分後にすべてのデータが突然消えたことは、パイロットが意図的にトランスポンダーのスイッチを切るか、すべての電源を消失させる不測の事態が発生したことを意味している。機材トラブルならパイロットは管制官に援助を求めるためにもトランスポンダーを切ることはあり得ないので、残るは爆発などが発生して瞬時に全電源消失につながったと考えるのが道理だ。

関連記事