NEW
ジャーナリズム

厚労省、『モーニングショー』に反論でデマ流布…原因は首相官邸の“素人”介入だった

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
厚労省、『モーニングショー』に反論でデマ流布…原因は首相官邸の素人介入だったの画像1
総理大臣官邸(Keiko Hiromi/アフロ)

 厚生労働省の公式Twitterアカウントが、テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』を名指しし、番組内容に異を唱えたことが波紋を呼んでいる。番組内容に誤りがあり、訂正を促す内容なのかと思いきや、厚労省側の説明は二転三転。状況は混とんとしている。いったい何があったのか。

番組終了後、厚労省が突如異論をTwitterに投稿

 『モーニングショー』は4日、厚労省がメーカーに対して、国民生活安定緊急措置法に基づきマスク400万枚を同省へ売り渡すよう指示したことを伝えた。加えて、厚労省が入手したマスクは、当時、感染が急拡大していた北海道中富良野町や北見市の各世帯に配布する方針も報道された。これに対し、テレ朝社員コメンテーターの玉川徹氏が「医療機関に配るべきだったんじゃないか」などと発言。補足するかたちで、白鴎大学教育学部教授(感染症学、公衆衛生学)の岡田晴恵氏が次のように話した。

「まずは医療機関に配らないと駄目です。みなさん欲しいのはごもっともですが、医療を守らなかったら治療できませんから、医療機関、特に呼吸器関係をやっている人に重点的に配っていかないと」

 賛否はどうあれ同番組のこれまでの報道スタイルからすれば、今回の放送が取り立てて過激な内容だったようには思えない。ところが、厚生労働省の公式Twitterアカウントは5日、突如として同番組を名指ししながら下記のような異論を唱え始めた。

「3月4日午前8時からの『羽鳥慎一モーニングショー』の出演者から、『まずは医療機関に配らなければだめ。医療を守らなければ治療ができないから、医療機関、特に呼吸器関係をやっている人に重点的に配っていく』とのコメントがありました」(原文ママ、以下同)

「厚生労働省では、感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行ったほか、都道府県の備蓄用マスクの活用や日本医師会や日本歯科医師会のルートを活用した優先配布の仕組みをお知らせしています」

「最終的に全ての医療機関に十分なマスクが届くことが必要であり、引き続き、マスクの増産や全ての医療機関を対象とした優先供給を進めてまいります」