NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

兵庫県警、警官を“交番での性行為”に走らせた「警察組織特有の抑圧と特権意識」

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
兵庫県警、警官を交番での性行為に走らせた「警察組織特有の抑圧と特権意識」の画像1
兵庫県警のHPより

 兵庫県警尼崎東署の男女2人の警察官が昨年12月から今年2月にかけて、夜間勤務中に交番で性行為をしていたとして、処分された。2人は30代の妻子ある男性巡査部長と20代の独身の女性巡査で、夜間勤務中、交番の休憩室で複数回にわたって性行為をしたという。

 昨年7月にも、高知県警で20代の女性巡査が3人の既婚の男性巡査長と「トリプル不倫」していたことが発覚し、4人とも不倫を理由に処分を受けている。警察は何よりも規範を重んじる組織のように見えるが、このような社会規範に反する逸脱行為が後を絶たないのは一体なぜなのか。

 私は若い頃、警察病院に勤務していたことがあり、うつや不眠症の警察官を何人も診察した経験から申し上げると、これは主に次の2つの理由による。

1)日頃の抑圧の反動

2)取り締まる側の特権意識

 まず、「いつも正しくふるまわなければならない」「常にきちんとしていなければならない」という抑圧が強すぎて、その反動が出るのだと考えられる。しかも、警察は体育会系の組織であり、上には逆らえないので、理不尽な指示にも黙って従わなければならず、自分の主張も希望も抑圧するしかない。

 ところが、抑圧するばかりだと、精神のバランスがとれなくなる。抑圧されたものが症状となって出てくることもある。だから、病気になりたくなければ、パワハラや乱痴気騒ぎなどで発散するしかない。場合によっては、今回のような逸脱行為で発散しようとする。

 同様のことは、他の職業でも起こりうる。とくに「先生」と呼ばれる職種で多い。聖職とみなされてきた医師や教師が社会規範に反する行為を起こして問題になることがあるのも、やはり日頃の抑圧の反動だろう。

 警察官の場合、それだけでない。2)取り締まる側の特権意識も強いように見受けられる。警察病院にいた頃、ある内科医が、深夜に患者の容体が急変して呼び出され、猛スピードで車を運転して病院に駆けつけていた途中でスピード違反の取り締まりに引っかかった。そして、青切符が切られ、反則金を支払わなければならなくなった。

 すると、どこで聞きつけたのか、警察病院の課長の1人が「取り消しにできますよ」と耳元でささやいた。その課長は警察OBで、警察にいた頃は交通違反の取り締まりをしていたらしい。だから、情報の入手も、違反の取り消しも簡単にできたのだろうが、内科医は弱みを握られるのが嫌で、断ったという。警察病院の医師のスピード違反を取り消しにできるくらいだから、警察官のちょっとした違反など簡単にもみ消せるのではないかと背筋が寒くなった。

関連記事