NEW
連載
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

新型コロナ、発熱時に抗炎症薬「イブプロフェン」はNG?感染拡大を招く?WHOも混乱

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

【完了・23日中の掲載希望】新型コロナ、発熱時に抗炎症薬「イブプロフェン」はNG?感染拡大を招く?WHOも混乱の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、WHO(世界保健機関)が3月11日に「パンデミック」と宣言し、世界は不安と恐怖に包まれている。3月14日、フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、「イブプロフェン」などの抗炎症薬の服用によって、かえって感染を拡大させる恐れがあるとTwitterで警告した。

 これを受けインターネット上ではさまざまな投稿が見られ、医療機関からは“フェイクニュース”だという指摘もあったが、WHOは17日、新型コロナウイルス感染症の症状がある人はイブプロフェンの服用を避けるよう勧めた。

 さらにWHOのクリスチャン・リンドマイアー報道官は、「当面は、自己投薬するならイブプロフェンではなくパラセタモール(アセトアミノフェン)の服用を勧める。これは重要なことだ」と述べた。

 しかし18日には一転、WHOはTwitterの公式アカウントを更新し、新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合にイブプロフェンを服用することについて「控えることを求める勧告はしない」と書き込んだ。

果たして真実はどちらか?

 公表されている日本における新型コロナウイルス感染者の治療報告を読むと、解熱剤には「アセトアミノフェン」を使用している例があり、感染時の発熱に医師が「NSAIDs」と呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬を選択しない傾向にあるようにも取れる。

 これまでも筆者は本連載において、イブプロフェンやロキソニンなどNSAIDsの危険性を取り上げてきた。アセトアミノフェンとNSAIDsとの違いは、「抗炎症作用」の有無にある。

 NSAIDsは、炎症反応が起きると「プロスタグランジン」という物質の働きを阻害することで抗炎症作用や解熱作用を発揮する。さらに、動物実験においてNSAIDsによって炎症性サイトカインが増加することが報告されている。炎症性サイトカインが過剰につくられると、免疫細胞が暴走してウイルスなど外敵だけでなく健常な細胞や組織まで攻撃するようになり、免疫異常を起こす。

 ミチワクリニック院長の佐久間一穂医師はこう話す。

「インフルエンザ感染患者に対してNSAIDsを使用すると、インフルエンザ脳炎や脳症の発症リスクを高めている可能性があるため、使用禁忌になっています。そのことと関連があるのかもしれません」

 インフルエンザ脳症は、発熱後1~2日で神経症状が進行し痙攣、意識障害、異常行動などの神経症状が見られ、最悪の場合は死に至る。原因ははっきりと解明されていないが、全身症状の悪化や血管系のダメージ、過剰な免疫反応などによるものと考えられる。佐久間医師が話すように、NSAIDsの服用により発症リスクが高まるため、インフルエンザ脳症が疑われるときにNSAIDsは推奨されない。

 新型コロナウイルスでも同様のことが起こる可能性はゼロではないだろうが、あくまで推測の域を出ない。

【完了・23日中の掲載希望】新型コロナ、発熱時に抗炎症薬「イブプロフェン」はNG?感染拡大を招く?WHOも混乱の画像2
世界五大医学雑誌のひとつであるランセット誌では、「イブプロフェンなどの抗炎症薬は体内のACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を増やし、これが新型コロナウイルスの感染を促進して症状を悪化させるのではないか」という仮説を発表している

 新型コロナウイルスは肺や腎臓などの上皮細胞のACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を受容体として結合し侵入することがわかっている。ACE2が増えると新型コロナウイルスの感染が進み、重症化の可能性も高まるとの仮説も成り立つのかもしれない。

 仮説とはいえ、新型コロナウイルスの感染が拡大する今、原因がハッキリしない発熱があった場合、自己判断でのNSAIDsは避けるべきなのかもしれない。しかし、アセトアミノフェンも100%安全とは言い切れず、肝障害等の副作用の恐れもあるため、適正な使用を心がけてほしい。
(文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト)


吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
1969年12月25日福島県生まれ。1992年東北薬科大学卒業。薬物乱用防止の啓蒙活動、心の問題などにも取り組み、コラム執筆のほか、講演、セミナーなども行っている。

関連記事