いまや女性も社会に出て積極的に活躍する時代。一方で、仕事でミスが重なり自信を失くしたり、家庭の事情で仕事を辞めざるを得ない、仕事と家庭の両立がうまく行かず夫婦関係が悪化し、離婚に至るという人もいます。

現代の30代~50代女性のストレスは複雑化している

 男性の場合は「仕事の内容」「職場の人間関係」「将来について」など自分の立場や仕事についての悩みが多い一方で、女性の場合は「家計に関すること」「家事に関すること」「職場の人間関係」などプライベートな感情や精神的負担に関わる悩みが多く、とくに30代では「育児」「ダイエット」などの割合が高い傾向があります。

 ストレスフルな状況が続くと、自律神経失調症や不眠症、うつ病などに進行してしまい、最悪の場合睡眠薬や抗うつ剤への依存につながることも。そして、女性ならではの原因としてPMS(月経前緊張症)や更年期などの女性ホルモンの関与も考えられます。

 女性ホルモンは、女性らしい体系や美肌を維持したり、妊娠、出産、授乳などに関わり、メリットもたくさんありますが、ときには子宮筋腫、乳がん、不妊症などの病気を悪化させる、むくみ、便秘などの不調を招く、イライラ、うつなど心を不安定にするなどのマイナス面もあります。

「ホルモンケア推進プロジェクト」調べでは、女性の6割近くがPMSに悩み、約7割が更年期症状に悩んでいます。

 30代女性の約40%ありが、ほぼ毎日ストレスを感じている人の割合は、同年代男性9%と比べても高い割合を示すというデータもあります。

エビデンスに基づく漢方は現代女性の強い味方である

 働き盛りの女性のこうした悩みに実は最も力を発揮するのが漢方薬です。

 一般的に「効果がない」「マイルド」というイメージがありますが、サプリメントや健康食品との大きな違いは、厚生労働省から承認を受けた医薬品であり、効果が認められていることです。実際に漢方薬で女性特有の症状が改善した例を紹介します。

<ケース1・ 36歳女性 事務職>

 主訴: 会社に行く前になるとドキドキしてしまう。冷え、緊張すると下痢症状。神経過敏

 桂枝加竜骨牡蛎湯を服用。2週間後には動悸が軽減、1か月後には緊張による下痢や胃腸の調子が良くなった。

 イライラ、神経過敏、めまいなどの精神症状にはホルモン補充療法よりも、むしろ漢方薬のほうが効果的なこともあります。

<ケース2・52歳女性 自営業>

 主訴:数年前より動悸、お腹の違和感、イライラし家族にあたってしまう、ストレスからか胃の痛み、中途覚醒。

 桂枝茯苓丸を服用。3週間でお腹の違和感とイライラも落ち着き、中途覚醒が無くなり、熟睡感を感じられるようになった。

 更年期は体の中ではホルモン低下という変化が起こるので、上手にストレスマネージメントができないと、更年期障害は重症化してしまいます。

個人の症状や薬を判断するAI漢方が時代の流れ

 数百種類以上ある漢方薬の中から相性の良い漢方を見つけるためには、症状だけでなく、「気血水の乱れ」「虚実」「陰陽」などの体質やライフスタイルなど様々な要素から総合的に判断してこそ精度の高い漢方治療が可能となります。漢方をはじめるのであれば、漢方に詳しい医師または薬剤師に相談することがこれまでの常識でした。

 しかし最近では、漢方の研究者たちが生み出した、AI(人工知能)のシステムが実際に稼働中です。忙しくて病院に行けない、近くに漢方の専門医がいないなどの悩みはこれで解決です。

 AI(人工知能)のシステムを使った「あんしん漢方」は、数1000種類以上ある漢方薬の組み合わせから、体質や症状に合わせて相性の良い漢方を導き出します。漢方薬に精通した薬剤師が確認し、個別の提案を行います。

 通院や来店の手間がなく、自宅にいながら簡単な問診に答えるだけで漢方を受け取り、実践することが可能です。

 服用期間中は個別のサポートが付いており、安心して服用いただけます。

 漢方に精通したコンシェルジュのサポートがついて初回は2,980円だけ。まずはサイトで無料の体質判断+症状チェックを受けてみては?

●あんしん漢方 https://www.kamposupport.com/anshin1.0/hp/

※本記事はPR記事です。

RANKING