NEW
すぎもとたかよし「サラリーマン自動車ライターのクルマ業界ナナメ斬り!」

ダイハツ新型ロッキー、販売絶好調だけど…“派手顔”にトヨタデザインの影?

文=すぎもと たかよし/サラリーマン自動車ライター
【この記事のキーワード】

, ,

ダイハツ新型ロッキー、販売絶好調だけど…“派手顔”にトヨタデザインの影?の画像1

ダイハツ新型ロッキー、販売絶好調だけど…“派手顔”にトヨタデザインの影?の画像2
ダイハツの新型ロッキー

 

 ダイハツの新型ロッキー/トヨタライズの販売が絶好調だ。

 もともと最近のSUVブームが底辺にあることに加え、日本ではやっぱり使いやすい5ナンバーサイズ。しかも、そうやってコンパクトゆえに価格もお手頃と3拍子が揃った感じ。

 とくにライズは、そこに圧倒的なトヨタの販売力が加わり、なんと今年の1月では軽を除く乗用車の登録台数で首位を獲得してしまった。ロッキーは21位に止まったけれど、OEM販売として考えれば両社ともがウィン・ウィンな状況なんである。

 けれども、僕はこの2台にとても残念なイメージを抱いている。その理由は単純で、「顔」を中心としたスタイリングがあまりにも酷いからである。

ダイハツ新型ロッキー、販売絶好調だけど…“派手顔”にトヨタデザインの影?の画像3
トヨタ・ライズ

 ご存知の方も多いと思うけれど、ロッキーの元になったのは、2017年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「DNトレック」だ。ダイハツはモーターショーに毎回ユニークなコンセプトカーを複数用意するけれど、その中でもこの「DNトレック」は群を抜いて完成度が高かった。

 コンパクトSUVとしてグッドバランスのプロポーション。余計なラインがなく適度な張りを持つ面、前後でイメージを統一したシンプルなランプ類。一見して「これは市販前提だな」と思わせる出来で、だからそのデビューを楽しみにしていた。

 ところが、昨年の東京モーターショーに展示された量産型を見て愕然としてしまった。あのシンプルで清潔感のあった「DNトレック」の顔が、まるで失敗したアウディみたいにガチャガチャではないか。それに合わせ、サイドやリアにも余計な付加物が加わって全体的に騒がしくなってしまったのだ。

ダイハツ新型ロッキー、販売絶好調だけど…“派手顔”にトヨタデザインの影?の画像4

ダイハツ新型ロッキー、販売絶好調だけど…“派手顔”にトヨタデザインの影?の画像5
ダイハツのコンセプトカー「DNトレック」

突き詰めればユーザ側の課題?

 一体、なぜこんなコトになってしまったのか? 担当のデザイナー氏の話では、実際に販売するとなると、やはりもっとSUVらしい力強さが必要だと判断されたのと、OEM先であるトヨタの「デザイン・フィロソフィ」に合わせ込む必要があったからだそう。

 トヨタのデザインというのは、「キーンルック」とか「アンダープライオリティ」などと呼ばれているもの。最近の同社のクルマは妙に左右に引き伸ばされたランプや、異様に大きなグリルによる派手な顔が特徴だけど、あの一連の表現のことである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ