NEW

ユニクロ、今コスパ最高&女子ウケ良い服5選…ブロックテックパーカ、ジョガーパンツ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」 from A4studio
ユニクロ、今コスパ最高&女子ウケ良い服5選…ブロックテックパーカ、ジョガーパンツの画像1
ユニクロ「ファインクロスコンフォートシャツ」(「ユニクロ HP」より)

 国内ファストファッションブランドの王者として君臨する「ユニクロ」。

 しかし、1月の国内ユニクロ事業は暖冬による冬物アイテムの苦戦が如実に表れており、既存店とEコマースの売上高は対前年同月比で7.9%増、既存店の客数は同5.1%減、客単価は2.9%減と、まったく死角がないわけでもないのである。

 今年は、春夏向けの人気インナーシリーズである「エアリズム」を大きく進化させた、「エアリズムマイクロメッシュ」「エアリズムコットン」「エアリズムコットンブレンド」などを投入することも発表しており、王者の貫禄は健在だ。

 今回はそんなユニクロの春アイテムでおすすめの服をリコメンド。「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この春、買うべきユニクロの服5選」を選び、恋愛コラムニストで10年以上のファッションライター経験もある堺屋大地氏に、おすすめポイントを解説してもらった。

 今回、以下の5つを基準として選定した。

・ファッションビギナーでも比較的に着こなしやすいこと

・難易度の高い“最先端のおしゃれ”は目指さないこと

・“ダサい”と思われるぐらいなら無難な着こなしにすること

・女子ウケが良く“ちょっとおしゃれ”と思われること

・無理に若ぶるのではなく、年相応に大人っぽく見られること

 では、「買うべき・買ってはいけない調査班」が選んだ「この春、買うべきユニクロの服5選」を紹介していこう。

ファインクロスコンフォートシャツ(ボタンダウン・長袖)/2990円(税別、以下同)

 一見するとパリッとした普通のワイシャツだが、着心地の良いジャージー素材を採用している。お手入れ簡単なイージーケア加工で、洗濯後でもシワになりにくいのも特徴。カラーバリエーション(カラバリ)はホワイト、ブルー、ネイビーの3色展開。

「ポイントはストレッチ性に富んでいて、とにかくストレスフリーで着られるところ。洗濯後もシワになりにくいので、独身のビジネスパーソンは重宝するでしょうね。ホワイトやブルーは、スーツのジャケットに合わせてビジネスシーンでの活用もできるのはもちろん、ネイビーはオフ日のカジュアルコーデにも使えると思います」(堺屋氏)

スウェットフルジップパーカ(長袖)/2990円

 定番のスウェットパーカを今季仕様にブラッシュアップし、素材もシルエットもディテールも進化させている。ふっくら感のある着心地抜群のコットン100%のフレンチテリー素材を採用。カラバリはライトグレー、グレー、ブラック、レッド、グリーン、ブルー、ネイビーの7色展開。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ