NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

暴行容疑で逮捕のボビー・オロゴン、衝動制御障害の可能性…罪の意識がないDV加害者

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

暴行容疑で逮捕のボビー・オロゴン、衝動制御障害の可能性…罪の意識がないDV加害者の画像1
ボビー・オロゴンのInstagramより

 タレントのボビー・オロゴン容疑者が5月16日、妻の顔をたたいたとして暴行の疑いで現行犯逮捕された。妻は「1階の部屋にいた夫に『なんで私宛ての手紙を勝手に開けて見たのか』などと話しかけたら口論になり、爪を立ててたたかれた」と話している。だが、ボビー容疑者は「妻とトラブルにはなったが、突き放しただけで暴力は振るっていない」などと容疑を否認しているという。

 ボビー容疑者は、2006年にも当時の所属事務所で出演料をめぐり暴れたとして書類送検(のち起訴猶予)されたことがあるので、怒りや攻撃衝動をコントロールできない衝動制御障害の可能性も考えられる。

 近所の住民はボビー容疑者について「穏やかな人。普段からもめるようなことはなかった」と述べているようだが、外面がいいだけかもしれない。日頃は穏やかでも、カッとなると手がつけられない人はどこにでもいる。普段は怒りや攻撃衝動を抑えつけているからこそ、溜め込んでしまい、マグマのように爆発しやすいともいえる。

 また、ナイジェリア出身のボビー容疑者について、ビートたけしさんは『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)で「西アフリカの人はかなり男尊女卑って感じがあって、女の人に対しては昔ながら」という見解を示した。この男尊女卑がDVの一因になることは少なくない。

 なぜかといえば、一般に男尊女卑の男性は特権意識と所有意識が強いからである。まず、強い特権意識は、自分の願望や要求を満足させることが家庭で最優先されて当然という自己中心的な思い込みとして表れる。だから、妻が夫の思い通りにならなかったり、夫に少しでも逆らったりすると、暴力を振るう。それでも、「自分は夫で一家の主なのだから、少々のことは許される」と思っているので、反省も後悔もしない。

 そのうえ、所有意識が強いと、妻を自分の所有物とみなしがちで、妻を自分の好きなように扱ってもいいと思い込む。だから、「妻を殴るかどうか、他人にとやかく言われる筋合いはない」「俺の言うことを聞かない妻をどう扱おうが、俺の勝手」などと発言するDV加害者もいる。

 もちろん、男尊女卑の男性は日本人にも多い。一昔前の日本では、男尊女卑が当たり前だったといっても過言ではなく、女性がDV被害を受けても黙って耐えるしかなかったが、その風潮がいまだに根強く残っている地域もある。

自己正当化は明らかな嘘よりも強力で危険

 見逃せないのは、警察官が現場で確認したところ、妻のほおは赤くなり、爪のあとがあったにもかかわらず、ボビー容疑者が「暴力はしていない」と容疑を否認していることだ。2006年に書類送検された際も、机や椅子を投げ飛ばし、社長の胸ぐらをつかんだなどと大立ち回りが報じられたにもかかわらず、「暴れていない」などと釈明したという。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ