日本のコロナ被害が少なかった理由と宣言解除後の「第二波」回避のために必要なことの画像1
※画像はイメージ(新刊JPより)。

 5月21日、安倍晋三首相が、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を、京都、大阪、兵庫の関西3府県で解除すると表明した。残る北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉の宣言解除については、25日に改めて判断されると見られる。

 特定定額給付金手続きの煩雑さや「アベノマスク」、さらにこのコロナ禍の最中に提出された検察庁法改正案をめぐる問題など、政府に対する批判は強まる一方だ。しかし、わが国の新規感染者数は減少傾向にあり、日本よりはるかに厳しい都市封鎖をしたアメリカやイタリア、フランスなどよりも少ない被害に抑えられている。

 この理由については、医療水準や検査体制、気候や国民の年齢構成などさまざまな要因が考えられる。なかでも興味深いのが、日本がそもそも「ウイルスが伝播しにくい社会」であった、とする説だ。

■「病原体が伝播しにくい条件」

 国立感染症研究所名誉所員の井上栄氏は、著書『感染症――広がり方と防ぎ方 増補版』(井上栄著、中央公論新社刊)で、「日本人の生活文化には病原体が伝播しにくい条件が組み込まれている」と評価する。

 感染症や病原体が運ばれていく経路は、今回の新型コロナウイルスのように、くしゃみやせきによる飛沫や手指での接触の他にも、蚊や水、性行為、空気(塵埃・飛沫核)などがあるが、日本社会や日本人の生活文化は、いずれの経路も遮断しやすいようにできている。

 住宅には網戸があり、蚊を寄せつけない薬剤が手に入り、水道水は消毒され、コンドームの使用率も高い。そして、健康な人でもインフルエンザが流行る時期には予防のためにマスクをする。

 それだけではない。食事をする時は箸を使い、手洗い・うがいは広く浸透している。キスやハグではなくお辞儀をして挨拶をする。とにもかくにも清潔で、ウイルスが人から人へと感染する余地は比較的少ない。

 そしてもう一つ、井上氏が指摘しているのが、日本語の特性だ。

 英語や中国語の場合p・t・k(中国語ではさらにq・ch・c)の破裂音のあとに母音が来ると、息が強く吐き出される「有気音」となる。一方の日本語は、p・t・kは(そもそも日本語にpの音は少ない)息を吐き出さない無気音として発音されるため、普段の会話では口からあまり飛沫が飛ばないのだという。

 2003年に発生し、世界で8,000人あまりの感染者を出したSARSに日本人が一人も感染しなかったのは「幸運な偶然」とされるが、日本から感染源となった中国(香港を含む)や台湾への年間旅行者数は310万人と、27人の感染者が出たアメリカの230万人よりも多く、偶然だけでは説明がつかないだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ