NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

木村花さん急死…ごく少数が執拗に粘着する炎上の実態、いつでも逃げられる匿名の加害者

文=石徹白未亜/ライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

木村花さん急死…ごく少数が執拗に粘着する炎上の実態、いつでも逃げられる匿名の加害者の画像1
木村花(HANA)(@hanadayo0903) • Instagram写真と動画」より

 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(ネットフリックス)に出演していたプロレスラーの木村花さんが、5月23日に亡くなった。木村さんの死因は公表されていないが、番組内での木村さんの言動が「炎上」につながり、木村さんのSNSには非難や誹謗中傷の書き込みが続き、それらの攻撃は木村さんの母親にまで及んでいた。

 木村さんは精神的に追い詰められていたと思われ、最後のインスタグラムの書き込みは「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。」というメッセージが添えられていた。炎上の実態と問題点、そして、それにどのような対策が取られているかについて、あらためて考えたい。

「炎上させるのはごく少数」の実態

 以前、『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)の著者の山口真一氏に炎上について話をうかがった。山口氏は2014年、16年に炎上の調査をしており、炎上加担者は「男性」「年収が高い」「主任、係長クラス」が多いという共通した傾向が出ていたという。「金も地位もあるのに不機嫌な男性がネットで偉そうにしている」という、確かにそういうおじさんネットで見たことある、という頭が痛くなるような状況だ。なお、この特徴は店舗などへのクレーマーの特徴とも一致するらしい。

 一方で、山口氏が炎上関連の複数の弁護士に聞いた話によると、炎上の被害者から訴えられ、書類送検までされるケースでの加害者は、ほぼ無職の若者だという。失うものが少ない、いわゆる「無敵の人」だ。

 何より、山口氏によれば、炎上参加者はネット利用者のごくごく一握りだ。14年に2万人を対象とした調査では、「過去1年間で炎上について書き込んだことのある人」は全体の0.5%(200人に1人)しかおらず、視聴者のコメントが画面上に流れる「ニコニコ動画」で大荒れしているように見える動画も、そのうちの「数人のコメント」を消せば炎上は消えるという。

 炎上参加者はごく少数しかいない。ただ、そのごく少数は、時として書類送検されるほど執拗に書き込みを繰り返す。彼ら彼女らは「暇とガッツ」が並外れているのだ。匿名下のネット環境なら、1人の人が時にIDなどを変え、あたかも何人もいるように見せかけることだってできる。

 人数も演出できるが、人格も演出できる。検察庁法改正反対を求めたSNSデモをまとめた峯岸あゆみ氏の記事では、検察庁法改正に反対意見を表明した芸能人に対し「ファンだったのにがっかりした」というリプライをした人のそれまでの書き込みを見たところ、その芸能人に対し何かコメントしていた形跡がなく、別にファンでなかったのでは、と示唆されている。

 ネット社会において、顔や名前(ハンドルネームでも)などを公表していて特定できるユーザーと、匿名で嘘もつけていつでも逃亡できる非特定の「ネット民」の傘の下に隠れられる匿名ユーザーなら、後者のほうが圧倒的に強い。ネット世界は平等ではなく、「より持たない」人のほうが強い。

一般人も抱える炎上の恐ろしさ

「有名人だから炎上する」とも、今は限らない。ツイッターで「誹謗中傷 損害賠償 裁判」で検索すると、実際に裁判を起こした一般の人たちの体験談がいくつも読める。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ