徳川家康は意外に優しかった?大名配置に見る、関ヶ原直後・豊臣滅亡前の“温情人事”の画像1
徳川美術館(愛知県名古屋市)所蔵の『徳川家康三方ヶ原戦役画像』。三方ヶ原の戦いでの武田信玄に対する惨敗を終生忘れぬようにするため、家康自身があえてこのように苦虫を噛み潰したような顔に描かせた……との説が信じられてきたが、信憑性は薄いとされる。

大坂の陣以前は、秀頼に遠慮して西国不介入

 慶長5(1600)年9月15日、徳川家康関ヶ原の合戦で勝利した。

 その後、家康は敗者の領地を召し上げ、勝者には軍功に応じて加増および転封で報いた。たとえば、福島正則は尾張清須20万石から安芸広島49.8万石へ。池田輝政は三河吉田15.2万石から播磨姫路52万石へ、いずれも2倍以上の大盤振る舞いである。

 ただし、笠谷和比古氏によれば、この時、西国に転封となったのはいずれも外様大名、つまりは豊臣系大名で、譜代大名(つまりは徳川家臣)が京都以西に配置されるようになったのは、慶長14(1609)年を待たなければならなかったという。当初、家康は秀吉の遺児・豊臣秀頼に遠慮して、西国不介入の立場を取っていたのだという(笠谷和比古『関ヶ原合戦と大坂の陣』吉川弘文館)。

 では、家康は親藩大名(子どもたち)や譜代大名(家臣団)をどこに配置したのか。そこには、怜悧といわれた家康の、意外に人情深い側面が垣間見えるのだ。

関ヶ原後直後の、親藩・譜代大名の配置3パターン

 関ヶ原の合戦後、家康の親藩・譜代大名配置は、大きく分けて3つのパターンに分類できる。

1、6万5000石以上は要衝に配置
2、6万5000石未満の旧領(5カ国)復帰
3、その他(つまりは6万5000石未満で関東残留組)

なぜ、6万5000石かといえば、ちょうどそこが区分できる境界線だというだけで、6万5000という数字自体には大きな意味がない。以下、1、2について述べていきたい(紙幅の関係から3は割愛させていただく)。

6万5000石以上は、地縁に関係なく要衝に配置

 関ヶ原の合戦後に6万5000石以上を領した親藩・譜代大名は10人。彼らは地縁に関係なく、要衝の地を任された。

 家康の2男・結城秀康は越前北ノ庄(のち福井に改名)、4男・松平忠吉は尾張清須、5男・武田信吉は常陸水戸に転封となった。4男、5男は子どもがなく、9男の尾張徳川義直(のち名古屋に移転)、11男の水戸徳川頼房が継承した。越前松平家と徳川御三家の原型がすでに出来上がっていたということだ。越前・尾張は畿内と東国を結ぶ要衝の地で、水戸は江戸の背後を守る。

 同様に近江佐和山(のち彦根に移転)の井伊直政、伊勢桑名の本多忠勝も畿内に対する抑え、一方の陸奥磐城平の鳥居忠政、下野宇都宮の奥平家昌、上野館林の榊原康政は東北に対する抑えであろう。

旧領復帰を許された、中小の親藩・譜代大名たち

 冒頭で述べた通り、家康は西国に親藩・譜代大名を置けなかったらしい。しかし、換言するなら、東国はほぼフリーハンドになったということだ。

 家康は三河(愛知県岡崎市)に生まれ、武田信玄・勝頼と対峙しながら遠江(静岡県西部)に領土を拡大し、武田家滅亡後に駿河(静岡県東部)を信長から拝領し、本能寺の変後に甲斐・信濃(長野県・山梨県)をかすめ取った(家康の5カ国領有)。

 ところが、小田原合戦後に関東への国替えを秀吉から命じられ、先祖代々の土地を奪われて、江戸に本拠を移した。先祖の土地から切り離されたのは、ひとり家康だけではない。家康の家臣たちもまた先祖代々の土地から切り離された。しかし、関ヶ原の合戦に勝利したことで、この旧領・5カ国国への復帰が可能になったのだ(たとえば、信濃国衆で大名に登用された3人は、いずれも信濃の旧領近くに復帰している)。

徳川家康は意外に優しかった?大名配置に見る、関ヶ原直後・豊臣滅亡前の“温情人事”の画像2
二木謙一著『関ケ原合戦』(中央公論社)ほかより作成/「氏名」に★がついているのは、松平姓を与えられている者