小池百合子氏の学歴詐称疑惑、エジプト軍閥との強力なコネクションか…日本外交のタブーの画像1
小池百合子氏の公式サイトより

 小池百合子東京都知事はエジプト・カイロ大学を卒業したのか否か。都議会自民党や週刊誌を中心に、小池氏の学歴詐称疑惑を検証する動きが加速する中、駐日エジプト大使館は9日、Facebookの公式アカウントで、「カイロ大は小池知事が卒業したことを証明する」との異例の声明を発表した。法曹関係者からは、「仮に小池氏の卒業が嘘であっても、卒業に認定を行う大学がそういう姿勢を堅持しているのであれば、立証は不可能ではないのか」との声も聞かれる 。ニュースサイトJBpressは12日、『カイロ大「小池氏は卒業生」声明の正しい読み解き方』と題する記事で、カイロ大OBのジャーナリスト浅川芳裕氏の指摘を紹介。エジプト軍部と小池氏の危うい関係に警鐘を鳴らしている。

 浅川氏は同記事で、以下のようにカイロ大の実情を指摘している。

「カイロ大学の権力を完全に掌握しているのは軍閥独裁国家エジプトの軍部であり、泣く子も黙る情報部です。大学といえば“学びの園”“学問の自由”といった平和な生ぬるいイメージから理解しようとすると、本質を見誤ります」

 そのうえで、浅川氏は1952年の軍事クーデター「ナセル革命」を紹介。カイロ大の知識人を軍部の支配下に置くためキャンパスに革命親衛隊を送り込んだことや、それに反対する学生や教員を弾圧してきたことを明らかにした。また、ナセル革命の中心人物の1人だったのはムハンマド・アブドゥルカーデル・ハーテム氏(故人)が小池氏のカイロ大時代の後ろ盾の1人だったとも指摘し、この問題の本質を次のように述べた。

「小池氏はこれまでハーテム人脈の権力構造により、特別待遇を受けてきた。その恩に加え、小池氏は、学歴詐称疑惑の渦中で迎える都知事選の直前、エジプトの軍閥から助け舟を出された格好です。エジプト上層部・カイロ大学側にしても、何のメリットもなければ、いくらハーテム人脈といっても長年、わざわざ小池氏を擁護する理由はありません。これは、日本の国益にとって、より本質的な問題といえます」

外務省も及び腰か

 実際、小池氏がエジプトの軍部と関係があったとして、日本政府はどのような対応がとれるのか。外務省関係者は次のように話す。

「今回の学歴詐称疑惑のような事例は、発展途上国の大学ではよくあることです。まず国内の大学を押さえるのは、開発独裁の国家が行うもっとも初歩的な統制の一つです。あくまで外交的な見地からの一般論ですが、いろいろなメディアで指摘されているように、小池さんがエジプト政府の強力な支援を受けていることは、今回の駐日エジプト大使館の声明から見る限り、まちがいないでしょう。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合