NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

3ナンバー車となったトヨタ「カローラ」人気の理由と購入時の注意点

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

3ナンバー車となったトヨタ「カローラ」人気の理由と購入時の注意点の画像1
トヨタの「カローラ」(「トヨタ カローラ | トヨタ自動車WEBサイト」より)

どんなクルマなのか?

 トヨタ自動車カローラ」は、ファミリーから営業車に使う法人まで、幅広いユーザーに愛用されている小型車です。バリエーションは豊富で、2019年に現行型へフルモデルチェンジされたセダンとツーリング(ワゴン)、18年に発売されたスポーツ(5ドアハッチバック)、さらに先代型の継続生産車となるアクシオ(セダン)とフィールダー(ワゴン)も揃えています。

 従来のカローラは、5ナンバーサイズのセダン&ワゴンとして発展してきました。しかし、新たに発売されたセダン/ツーリング/スポーツは、プラットフォームなどを海外版カローラと共通化する3ナンバー車に拡大されました。

 そこで、5ナンバーサイズに収まる先代型のアクシオとフィールダーも生産を続けているわけです。ほかの車種なら、3ナンバー車に拡大されても旧型を併売しませんが、カローラには法人を含めて5ナンバーサイズにこだわるユーザーも多いです。さまざまなニーズがあり、販売台数も多いため、旧型も一緒に売り続けています。

人気を得ている理由

 カローラは19年にセダンとツーリングがフルモデルチェンジされると、売れ行きを伸ばしました。日本自動車販売協会連合会のデータによると、19年10~12月と20年3月には、小型/普通車の車名別販売ランキングで1位になっています。

 この登録台数は、カローラシリーズを合計したものです。20年3月に1万6327台を登録したときの内訳(販売比率)は、セダン:18%、ツーリング:49%、スポーツ:14%、アクシオ:9%、フィールダー:10%です。

 この販売比率を見ると、ワゴンのツーリングが約半数を占めますが、それ以外はバランスの良い売れ方です。先代型のアクシオとフィールダーを合計すると19%になり、3月には3100台を超えたので、同じくトヨタの「クラウン」に迫る台数でした。

 継続生産車のアクシオとフィールダーは、5ナンバーサイズによる運転のしやすさが特徴です。設計の新しいセダン/ツーリング/スポーツは、3ナンバー車とあって走行安定性と乗り心地が優れ、操舵に対する反応も正確です。内装のつくりとシートの座り心地も上質に仕上げました。シリーズの総合力が、カローラ人気の理由といえるでしょう。

 なお、以下の採点とコメントは、セダン/ツーリング/スポーツの評価です。この3タイプはホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値も等しく、一部エンジンの組み合わせは異なりますが、前後席の居住性などは基本的に同じです。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★☆☆☆

 インパネなど内装のつくりはシンプルですが、質感は高いです。居住性は前席は快適で、後席は足元空間が狭めです。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★☆☆

 セダンのトランクは広いです。ツーリングの荷室はワゴンでは狭めで、荷室長はスポーツより120mm長い程度です。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 側方と後方の視界はあまり良くないです。全幅は3ナンバー車でも1745mmに抑えられ、小回り性能は良いです。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★★☆

 1.8Lノーマルエンジンは実用回転域の駆動力に余裕があり、ハイブリッドは静かです。走行安定性も良好です。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★★☆

 17インチタイヤ装着車は乗り心地が少し硬いですが、16インチは快適です。内装のつくりも丁寧で満足できます。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ