ユニクロ、この夏“絶対に失敗しない”買うべき服5選…さらに進化のエアリズム系商品の画像1
ユニクロ HP」より

 ファストファッションのドメスティックブランドとして、真っ先に名が挙がるのは間違いなく「ユニクロ」だろう。2020年2月末現在、国内で811店を展開し、誰しもに身近なファッションブランドとなっている。

 だがそんなユニクロも、新型コロナウイルス流行の影響をダイレクトに受けた模様。同ブランドを展開するファーストリテイリングが、5月7日に発表した決算情報によれば、4月の月次動向では既存店売上高が前年同月比56.5%ダウン、客数も前年同月比60.6%ダウンとのこと。臨時休業や時短営業を行っていたため、やむをえない結果だろう。

 とはいえ国内では緊急事態宣言が解除され、ユニクロも止まっていたプロジェクトなどをリブートさせている。6月のトピックとしては、6月5日に“リアルとバーチャルを融合させた最新型の店舗”を標榜する「ユニクロ原宿店」(東京都渋谷区)をオープン。かつての原宿店は2012年に閉店しており、ユニクロとしては満を持して8年ぶりの原宿展開である。続いて6月19日に、国内最大級の店舗「UNIQLO TOKYO」(東京都中央区)をオープン。銀座の「マロニエゲート銀座2」の7階にあった店舗を改装し、同ビルの1階から4階にかけて計・約5000平方メートルという巨大なフロア面積とした旗艦店である。

 今回はそういった大きな話題を再び振りまいているユニクロの、夏アイテムでおすすめの服をリコメンド。「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この夏、買うべきユニクロの服5選」を選び、恋愛コラムニストで10年以上のファッションライター経験もある堺屋大地氏に、おすすめポイントを解説していただいた。

 今回、以下の5つを基準として選定した。

・ファッションビギナーでも比較的に着こなしやすいこと

・難易度の高い“最先端のおしゃれ”は目指さないこと

・“ダサい”と思われるぐらいなら無難な着こなしにすること

・女子ウケが良く“ちょっとおしゃれ”と思われること

・無理に若ぶるのではなく、年相応に大人っぽく見られること

エアリズムUVカットフルジップパーカ(長袖)/1990円(税別、以下同)

 その名の通り、ユニクロの夏アイテムにおける大ヒット「エアリズム」を採用したパーカ。表面にスラブ糸を使いエアリズムの快適機能をプラス。UVカット(UPF40)機能で紫外線も防いでくれるのだ。カラーバリエーション(カラバリ)はオフホワイト、グレー、ブラック、オレンジ、イエロー、ブルー、ネイビーの7色展開。

「良くも悪くも奇をてらわない超オーソドックスなデザイン。ですからファッションビギナーでも難なく着こなせます。『買うべき』理由はやはり機能性ですね。紫外線を防いでくれてエアリズムの快適さもあるとなれば、いうことなし。もちろん、涼しさでいえばTシャツ1枚のほうが上ですが、夏場でも長袖を着たい人にはうってつけです。Tシャツ1枚だとメタボがバレてしまうから避けたいという人も重宝すると思いますよ」(堺屋氏)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ