NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシックオーケストラ、絶対に破ってはならない“不文律”…もし破ると背筋が凍る事態に

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, ,

【完了・27日掲載希望】クラシックオーケストラ、絶対に破ってはならない不文律…もし破ると背筋が凍る事態にの画像1
「Getty Images」より

 僕がフィンランドのオーケストラの指揮者をしていた頃、オーケストラと一緒に中国ツアーをしたことがありました。

 当時、日本と中国は少し微妙な関係で、フィンランドと中国の友好と親善の象徴ともいえるコンサートのステージのど真ん中に、日本人の僕が立つわけですから正直、心配でした。しかし結局、それはまったくの杞憂で、場所によっては欧米から来たオーケストラを聴くのは初めてという町もあり、それを指揮しているのが同じアジア人の指揮者だということで、むしろ喜んでくれました。僕が彼らに日中の不幸な歴史の話をしても、「これからは、未来の日中友好を考えましょう」と笑顔で返事をしてくれた時には、感激で涙が出そうになりました。

 中国に入国し、両替した中国人民元紙幣を見てみると、金額にかかわらず、すべてに“中華人民共和国の建国の父”毛沢東の肖像画が印刷されています。日本の紙幣に慣れている僕は少し驚きましたが、実は世界には同人物の肖像画が描かれている紙幣は珍しくありません。たとえば、タイのバーツ紙幣もすべて国王陛下ですし、南アフリカ紙幣もアパルトヘイト(人民隔離政策)解放運動の英雄、ネルソン・マンデラ元大統領です。ちなみに南アフリカ紙幣の裏面は独特で、“ビッグ5”と呼ばれる動物、サイ、ゾウ、ライオン、ヒョウ、水牛が描かれており、南アフリカの人々の動物に対する尊敬を感じます。

 僕が当時在住していたイギリスのポンド紙幣も、すべてエリザベス二世・女王陛下が印刷され、紙幣だけでなく硬貨にまで女王の肖像が刻印されています。しかも、発行した時点での女王の年齢に合わせて、少しずつ姿かたちを変えているほどの念の入れようです。つまり、古い硬貨になればなるほど女王の姿が若くなっていくのです。

 イギリス国内だけでなく、世界に散らばるイギリス連邦メンバー、オーストラリアの5オーストラリアドル紙幣も同女王です。“カナダ女王”として20カナダドルにも印刷されていますし、ニュージーランドでも20ニュージーランドは同女王です。エリザベス二世女王は、世界でお金に一番印刷されている人物なのです。

 ところで、これらの国々には首相がいても大統領がいないことに気づきましたか? それは、これらの国々では国家元首がエリザベス2世女王だからなのです。そして、いつか女王陛下が退位し、息子のチャールズ皇太子が国王に即位したときには、すべてチャールズの肖像画に置き換わることになっています。

 イギリスでは、郵便切手にまで女王の肖像が印刷されているのですが、その切手に対しての尊重も度を越しており、「切手の王または女王の肖像を逆さまに貼り付けてはならない」という法律まであるくらいです。万一、うっかり逆に貼ってしまったとしても、宛先まで届けてもらえるとは思いますが、気をつけなくてはなりません。

 イギリスには、ほかにも面白い法律があります。それは「バーで酔っ払ってはいけない」というものです。欧米人に比べてアルコールに弱いといわれる我々は、気をつけなくてはなりません。「妊婦はどこで用を足してもよい」という法律もあるそうです。男の僕にはよくわかりませんが、おなかの中の胎児が成長するにつれて、母親の膀胱を圧迫するので、どうしてもトイレが近くなると聞いたことがあります。しかし、「どこで用を足してもよい」と言われても、なかなかそうはいきません。そのため、スコットランドでは、「トイレを借りたいと言われたら、必ず貸してあげなくてはならない」という法律があるそうです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ