自民党「成長戦略・未来像」が「中高生の作文みたい」「ブラック小説」とネット上で話題にの画像1
自民党公式ホームページより

 新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛や営業自粛で、日本経済は深刻なダメージを受けた。政府・与党がどう経済を立て直すのかに国民の注目が集まっている。そんななか、自民党政務調査会は25日、「ポストコロナの経済社会に向けた成長戦略」と題する方針を発表した。政府与党としての基本方針ともいうべきものだったのだが、これに記載されている「一つの未来像」について「中高生の作文みたい」などとインターネット上から指摘が上がっている。いったい、どんな内容だったのだろうか。

 今回公表された「成長戦略」では、ICTの活用やデジタル化を今以上に推進した上で、適切な集中と分散を行い、地域分散社会や持続可能な経済や環境をつくり、東京の金融センター化を推進したり、科学技術の集積を一層進めたりすることが掲げられている。

 なお戦略を進める視点として、「国民目線」「格差、社会分断に対する目配り」「企業の環境変化に対する支援」「厳しい国際環境への対応」に重きを置くのだという。その上で、実現すべき未来像を以下のように表現している。

『ポストコロナの経済社会に向けた成長戦略』一つの未来像

(以下、引用)

「父さん、昔は、通勤ラッシュがあって大変だったんだってね?」、 来年大学を卒業する息子が突然開いてきた。

 「ああ、満員電車に1時間半も揺られて会社に通ってた、ぞっとする」。

 いつからだろう、遠い昔のことになったのは。今では、テレワーク中心に週数回会社に顔を出す、フレックスタイムだ。 お陰様で、家族との時間、大好きなソフトボールを楽しむ時間も持てている。子どもたちも、 地域の温かな支え合いの中で育ち、地域の伝統文化も吸収しながら伸び伸び育ってきた。

「ところで、就職活動は順調か」。「俺、地元で仲間達と高齢者向けレジャーサービスのNGO立ち上げようと思ってる」息子に笑われてしまった。

 息子の友達も、フリーランスとして働いたり、スタートアップに挑んだり、自らの意思で多様な選択をしているようだ。 隣の子は何と大学在学中に起業に成功している。

  GIGAスクール構想の実現で、全国どこでもSTEAM教育に資する良質な情報にアクセスできるようになり、個別最適化した学びの中で課題解決力と創造力ある人材が増えているのだろう。画一教育の俺の時代とは違う、正直羨ましい。

(中略)

 そして、自分の時代と明らかに違うのは、地元の企業への就職が増えていること。かつてここには、世界有数の自動車メーカーの工場があったが、海外移転してしまって、空き地が寒々と広がっていた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ