NEW

藤井聡太、なぜ対局相手の大御所たちは“おかしくなって”しまうのか?魔力の秘密

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

藤井聡太、なぜ対局相手の大御所たちは“おかしくなって”しまうのか?魔力の秘密の画像1
提供=日本将棋連盟

 将棋の藤井聡太七段(17)が驀進中だ。7月2日、愛知県豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で行われた王位戦七番勝負の第1局2日目を取材した。といってもコロナ対策で報道陣も主催社しか対局室には入れず、AbemaTVの中継が映される広い会場で終局を待つだけ。藤井が怒涛のように攻め続けて午後5時37分。2五金で木村一基王位(47)の玉に王手をかけると、木村は「負けました」と頭を下げ投了した。持ち時間の8時間をともに余す早い決着だった。

 駒の犠牲を重ねながら木村に迫る藤井。必然、守る木村の持ち駒は豊富になり、寄せ切れなければじっくりと逆襲されて藤井は危なくなる。昨年、46歳で初めてタイトルを取り感涙にむせんだ木村は「受けの名人」と呼ばれる寝業師だ。相手の攻撃を巧みにさばいてから反撃して勝つことが多く、藤井にとって「罠」も多かった。

 終盤へ入る頃、木村は68分も考えて3九馬と藤井陣の金にぶつけてきた。対して60分考えた藤井は、守らずに5三銀と攻めを続行した。1筋、2筋に封じ込められ、素人目にはすぐにも詰みそうに見える木村も簡単には詰まない。一手間違えれば逆転する。それでも藤井は決して間違わず確実に攻め切った。

初の2日制にも「よく寝られた」

 会見場に現れた藤井七段は「2日制の対局は初めてで、充実感もあったが、体力面ではちょっと課題が残った。次回はそのあたりに気をつけたい。いいスタートが切れたので、第2局もしっかりと指したい」と会見で話した。グレーの和服姿はもう堂に入っている。先勝された木村は「どこかで対応を間違えたかもしれない。苦しいと思っていた。結構がんばったつもりだったが、鋭い寄せだった。次は早く気を取り直して準備を進めてがんばりたい」と話した。

 最後は5三に打ち込んでいた銀も、木村の玉の逃げ道を塞ぐ存在になっていた。会見で筆者が藤井に「3九馬と指されたとき、金を守っておいたほうがいいと思わなかったですか?」と訊くと「直前の4五桂から、急所を外してしまったので……(以下、聴取できず)」。「藤井さんから見て木村王位の悪かった手は?」と訊くと「精査してみないとわからない」。「ほとんど攻め続けて勝つのは気持ちがいいのでは?」には「いやあ」と否定的で「局面、局面で最善手を指していきたい」と落ち着き払って答えた。

 この日は藤井にとって初めての2日制の対局だった。1日目を終えた時の「封じ手」について藤井は、「まったく経験がないので、できれば木村王位に封じてもらいたかった」と不安を吐露した。封じ手は藤井ではなく木村だった。「よく寝られた」と藤井。封じた側が「しまった」などと後悔して寝られなくなったりもする。これも幸いだったか。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ