NEW

“無料”楽天モバイル、iPhone対応の衝撃…通信品質は文句なし、劇的に通信料低減も

文=編集部、協力=新田ヒカル/スマホ評論家
【この記事のキーワード】

, ,

【途中】無料楽天モバイル、iPhone対応の衝撃…通信品質は文句なし、劇的に通信料低減もの画像1
楽天モバイル公式ホームページより

 携帯電話会社の楽天モバイルは8日、公式サイトでiPhoneなどアップル社製品向けアプリのダウンロードサービス「App Store」で、無料電話などが使える自社アプリ「Rakuten Link」の提供開始を明らかにした。同サイト上の対応機種には「【iOS版】iOS 13以降を搭載したiPhoneXS、XR、11(2020年7月8日時点)」との記載が加わった。事実上の楽天回線のiPhoneへの本格対応開始となり、日本国内のユーザーの選択肢が大きく広がる可能性が出てきた。

iPhoneユーザーの取り込み本格化へ

 楽天の三木谷浩史社長は、携帯電話事業サービスのコアは「Rakuten Link」であることを強調していた。同アプリをダウンロードし、SIMカードを入れ替えるだけで楽天カードの会員情報を活用したさまざまなサービスや無料通話、無料メッセージサービスが利用できるということが売りだった。そうした同社サービスの最大の懸案は、回線対応製品がすべてAndroid端末で、iPhoneの「iOS」は「Rakuten Link」に対応していないことだった。

 実際にはiPhoneの一部機種で限られた機能は使えたものの、動作保証の対象外で、楽天モバイルでは使用マニュアルなどを公開していなかった。

 楽天モバイルは、4月のサービス正式開始から、楽天回線エリア内のデータ通信と「Rakuten Link」による国内電話が無制限のプラン「Rakuten UN-LIMIT(アンリミット)」を、開通日から1年間無料で利用できるサービスを展開している。6月30日現在の契約数100万回線を超えたが、NTTドコモ、ソフトバンク、auのシェアを奪うまでには至っていない。今回の仕様変更で、国内iPhoneユーザーの取り込みに新たな活路を見出すことになる。

 スマホ評論家の新田ヒカル氏に今回の新サービスをどう利活用するべきなのかを聞いた。

新田氏の解説 

 国内のスマホシェアの約4割がiPhoneということもあり、とてもインパクトがあると思っています。

 私も「Rakuten UN-LIMIT」に契約し、「Rakuten Link」を使用してみましたが、通話、データ通信双方ともこれまで文句なしの品質です。データ通信では首都圏や関西圏などの楽天サービスエリアと、それ以外の地方のauエリアで差が出るのではとの懸念もありました。しかし、エリアが異なっても充分な速度を保っています。正午から午後1時の混み合う時間帯でも多少遅くなりますが、高解像の動画を見るなどせずにネットサーフィンする程度であれば、問題はないように感じました。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ