NEW

就職氷河期、再来の兆し…採用人数半減ラッシュか、キャリア描き勉強した学生に“地獄”

文・構成=編集部、協力=溝上憲文/労働ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

就職氷河期、再来の兆し…採用人数半減ラッシュか、キャリア描き勉強した学生に地獄の画像1
「getty images」より

 ANAホールディングスは今月14日、新型コロナの感染拡大を受け、来年度入社の採用活動を中止することを決定した。グループ37社でおよそ3200人を採用する計画だったが、このうちおよそ2500人の採用を中止することになる。海外旅行客の激減でJALグループも5月に採用中断を決定。大学生に人気の航空業界の採用中断が顕在化しつつある。「リーマンショック時なみの就職難」「就職氷河期の再来」もささやかれる中、就職戦線は今後、どのように推移していくのか。労働ジャーナリストの溝上憲文氏に聞いた。

21年卒の採用、各社人事はギリギリまで悩む

――大手企業の採用活動が低調化しています。リーマンショック時の採用難、最悪の場合、就職氷河期の再来もありうるのではないでしょうか。

溝上憲文氏(以下、溝上) 2021年卒の就職活動に関し、DISCOの調査では5月下旬時点で7割弱は当初の採用予定数を維持するとしています。ということは変動があるのは3割近くです。もともと企業の採用予定人数は決まっていたのですが、コロナによって業界によって激震が走って、急遽中断、中止したところが出ました。

 IT業界など業績好調なところもあります。そういう業界では採用意欲はなおも旺盛です。リーマンショック時にはすべての業種が雪崩をうってダメになりました。今回は、緊急事態宣言下で休業要請が出たため、業績に影響を受けた会社と、受けていない会社に分かれています。そういうなかで21年卒に関しては、いろんな会社の経営者、人事担当者はギリギリまで考えたようです。

 その中で一番典型的だったのはANAとJALです。ANAは当初、5月に採用中断を発表しました。一方、JALは採用を続けるとしていましたが、ANAの発表の2週間後の5月末に中断することになりました。そして最終的にANAは今回、採用中止を決めました。

 両社とも、これまで内定を出した人は採用する方針ですが、それ以降の採用に関しては4~6月の業績を見て判断したと思われます。

 朝日新聞の『全国主要100社アンケート』(6月23日付朝刊)でも「来年春の採用計画をみなおしますか」という質問に対して、「予定と変わらず」と回答したのが68社、「採用数を減らす」が10社、「未定」が17社、「その他」が4社でした。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ