藤井聡太の初タイトル獲得で負けた渡辺明、1カ月で三冠復帰の舞台裏…意外な記録達成の画像1
大名人4人の掛け軸

 大阪市福島区の「関西将棋会館」5階の対局室「御上段の間」には、第一級の宝物がある。木村義雄、大山康晴、中原誠、谷川浩司の4人の永世名人(現役の谷川は引退後に名乗る)の揮毫による掛け軸である。最近ではこの部屋で話題の藤井聡太棋聖がたびたび戦ってきた。

 そのたびに報道陣が殺到するが、ある時、マナーの悪いカメラマンが4つの掛け軸が下げられた床の間に平気で上がって藤井を撮影する姿に仰天した。大山、中原時代から将棋が好きだった筆者は、老婆心ながら広報担当の若者に「あの宝物の掛け軸、破られでもしたら大変なことになる。カメラマンには厳しく注意したほうがいいよ。特に(故人の)大山さんと木村さんには書き直してもらうこともできないんだから」と忠告した。

 この広報担当氏は後日、取材時の注意事項説明で「絶対に床の間に上がらないでください。大事な掛け軸に何かありましたら、私もただではすみません」と気合十分に注意してくれていた。以後、そうした不届き者はいないようだが、対局室への報道陣の殺到も、今は新型コロナウイルス感染防止のための取材制限で消えている。

 さて、この部屋で8月14、15日と行われた名人戦七番勝負第6局。2日目の午後5時38分、豊島将之名人(30)が盤上に手をかざして頭を下げた。挑戦者、渡辺明(36)の決め手6四馬に投了したのだ。中盤からはもっぱら渡辺の攻勢だった。なんとか凌いで反撃したい豊島だったが、受けはなく歩切れで反撃も届かないようだった。

 投了図から詰みまで手数はかかる。「早めの白旗」についてAbemaTVで解説していた森内俊之九段(永世名人資格者)は「豊島さんは渡辺さんの力を知ってるし、棋譜を汚したくないと思ったのでしょう」と豊島の「美学」を評価した。昨年、佐藤天彦名人から奪った名人位を一期で失冠した豊島は、これで竜王の一冠に後退した。

藤井聡太の初タイトル獲得で負けた渡辺明、1カ月で三冠復帰の舞台裏…意外な記録達成の画像2
初めて名人になった渡辺明

「縁がなかった」名人位

 さて、渡辺明。1カ月前にはこの部屋で注目の藤井に棋聖位を明け渡していた。藤井の初タイトル献上者として、不本意ながら将棋界に名を残してしまっていた。これで三冠から二冠(王将、棋王)になったが敗戦ショックを引きずらず、すぐに三冠に返り咲いたのはさすが。「現在最強の棋士」との「呼び声」を維持した渡辺は「(棋聖戦と名人戦の)2つとも負けたら、ちょっと立て直さなくてはと思いましたが、なんとか1つにとどまったので……・」と安堵の表情を浮かべた。

 新たに奪ったのは棋士の憧れ、名人位である。勝利直後の会見であまり喜びを表さないことを記者に問われた渡辺は、「明日の朝、新聞とか見たりお祝いを言われたりしたら、実感がわくんじゃないかと思います」などと話した。そして「名人」について「自分には縁がないのかなと思っていた」とも吐露した。竜王位に11期も君臨するなど、これで通算タイトルは26期。歴代4位につけ、3位の谷川の27期にあと一つと迫った強豪だが、なぜか名人は初めてでこれまで挑戦もなかった。

関連記事