『サンモニ』コロナは人間がつくり出したが物議…コロナと核兵器同列扱いに疑問もの画像1
TBS放送センター(「Wikipedia」より)

 1987年の放送開始から30年以上続く長寿番組『サンデーモーニング』(TBS系)。今年6月7日放送回は平均視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、底堅い人気を誇っている。

「初めて『サンモニ』を視た人は、あまりの“地味さ”と“渋さ”に驚くかもしれません。77歳の司会の関口宏さんは終始、眉にしわを寄せたしかめっ面でボソボソと話し、コメンテーターが話している途中に何度も『そうみたいですねぇ』と言葉を挟む。張本勲さん以外のコメンテーターも、まるで原稿を読むかのように話し、日頃、他の情報番組に慣れている人にしてみれば、“何これ?”と逆に新鮮かもしれません。しかし、その安定感が60代以上の固定ファンをがっちり獲得しており、常に視聴率2桁をキープするTBSの看板番組になっているんです」(テレビ局関係者)

 そんな“人気番組”だけに、『サンモニ』内での出演者同士のやりとりや発言がインターネット上で話題を呼ぶこともしばしば。例えば、2017日12月17日放送回では、張本氏の発言中に関口が「ちょっと待ってください、この話からいってください」と遮り、張本氏が「そっちの話は、あとにしてくださいよ」と抵抗。引かずに関口が「いやいやいや」と進めようとするも張本氏が「用意してあるんですから」と強引に発言を続け、“一触即発”状態になったとしてネットニュースにも取り上げられた。

 また、今年8月17日放送回では、東京ヤクルトスワローズの小川泰弘投手がノーヒットノーランを達成したニュースのなかで、張本氏が「『ノーラン』というのはアメリカのノーラン・ライアンの名前を取って『ノーヒットノーラン』と名前付けてるんですよ」とコメントし、関口も「らしいですねぇ」と歩調を合わせたのだが、ネット上では事実誤認を指摘する声が続出した。

核兵器とコロナ、両者の背景はまったく異なる

 そして8月9日放送回では、核廃絶組織のICANがアメリカの核軍備支出を新型コロナウイルス感染拡大対策に使えばどうなるかを試算した内容を紹介したのだが、コメンテーターの多摩大学学長で日本総合研究所会長の寺島実郎氏が発した「コロナは人間がつくり出した」という以下の発言が物議を醸す事態となっている。

「核兵器とコロナということなんですけど、よく考えてみるとですね、どちらも“人間がつくり出した”といえるんですね。核兵器はもちろんですけど、コロナもね、動物由来の感染症というのは、人間が動物テリトリーに踏み込んでいったことから起こっている。“人間の驕り”っていうのかな。感受性とですね、創造力の問題だと思うんだけど、“人間がつくり出したものは、人間が制御できるんだ”っていう意思に戻ってですね、知恵を出して、政策科学にしっかり向き合わなければならないと思いますね」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ