今日公開の『オフィシャル・シークレット』、戦争を画策する米英政府のスパイ活動の実態の画像1
『オフィシャル・シークレット』公式サイトより

 映画のパンフレットに載っているポートレートを見たとき、「いい顔をしているな」と思った。爽やかというか穏やかというか。歴史的かつ重苦しい体験を経た女性にしては、あまりにも普通であることに軽い衝撃を受けた。

 この写真の女性こそ、イラク戦争開戦前夜に英諜報機関に勤務し、米英両政府が共謀して国連安全保障理事会メンバーを盗聴しようとしていることをリークしたキャサリン・ガン氏である。

今日公開の『オフィシャル・シークレット』、戦争を画策する米英政府のスパイ活動の実態の画像2
不正を告発したキャサリン・ガン氏

 その事実が暴露されたことで、米英政府による国連安保理加盟諸国に対する重大な背信行為が明らかになり、どんな手を使ってもイラク侵略にこぎつけたいと米政府が画策し、英政府(ブレア政権)が唯々諾々と従っていることが世界中に示された。

 8月28日公開の映画『オフィシャル・シークレット』(東北新社、STAR CHANNEL MOVIES)は、勇気ある告発者、キャサリン・ガン氏の実話を描いた作品だ。

 この作品を森友事件関係者、加計学園事件関係者、公文書改ざん者、裁判官、警察官、検察官などの公務員、メディア関係者に観てもらいたい。

アメリカが盗聴要請のメールを送信

 英国で生まれ、台湾で育ち、日本の広島で英語の教師をしていたこともあるキャサリン(主演:キーラ・ナイトレイ)は、望んでいた言語学者としての職がなく、英諜報機関GCHQ(政府通信本部)に翻訳分析官としての職を得る。

 2003年1月31日、いつものように政府通信本部の暗い部屋で職員たちは、パソコンに向かって黙々と仕事をしていた。

 パソコンを開いてメールをチェックしていたキャサリンは、米NSA(国家安全保障局)からのメールの内容に驚愕する。

 当時米国は、大量破壊兵器がイラク国内に存在すると宣伝してイラク攻撃をしたがっていたが、多くの国は反対していた。その状況を打開しイラク侵略を認めさせるために、国連安全保障理事国の各代表を盗聴しろという内容で、いわば戦争を起こすための盗聴である。

今日公開の『オフィシャル・シークレット』、戦争を画策する米英政府のスパイ活動の実態の画像3
ある日、メールボックスを開くと米NSAから盗聴依頼のメールが……

 メールを見たキャサリンは、迷いにまよった末、元同僚の友人に知らせる。第三者を介して、そのメールのコピーはオブザーバー紙の記者に渡り、そのスクープは1面トップを飾る。

今日公開の『オフィシャル・シークレット』、戦争を画策する米英政府のスパイ活動の実態の画像4
迷った末、友人に知らせる

 コピーを受け取ったオブザーバー紙の記者たちは、まずメールが本物かどうかの情報収集にあたる。ガセネタだったら記者は失職、新聞社は潰れるほどのダメージを受け、関係者は逮捕されるだろう。失敗は許されない。

 そこで記者たちは英諜報機関MI6関係者に接触するなど、メールの真偽を判断するための取材に奔走する。

 米NSAへの取材では、メール送信者であるフランク・コーザなる人物は「存在しない」という。しかし彼らはあきらめず、米支局員の情報源を通して追及した結果、フランク・コーザは実在し、本人と電話で話すところまでこぎつける。その結果、記事化された。

 一番、苦しく葛藤し、不安に陥ったのはキャサリン本人だろうが、取材し記事を書いた記者や編集者たちも、冷や汗をかきながら緊張の連続だったに違いない。

 3月のヨークシャーの撮影だから、まだ冬景色である。青空が見える場面はあっても、光の色が淡い。スクリーン全体の暗い色調が不安と緊張を増幅させ、サスペンスタッチを際立たせている

「私は政府に仕えているのではない」

 オブザーバー紙の記事が出ると、GCHQは大変な騒ぎになり、組織内での取り調べが始まる。同僚が執拗に調べられるのを見て、キャサリンは耐えられず「自分がやりました」と自白する。ただちに「公務秘密法」違反の疑いで逮捕された。

 逮捕されて取り調べが始まったが、この場面も映画の見せ所である。

 刑事「あなたは政府に仕えているんだろう?」
キャサリン「いいえ、私は国民(British People)に仕えています。政府は変わるが、国民は変わらない」

 国民を「人々、民衆、人民」などに置き換えることも可能だろう。そしてキャサリンは、こうも言う。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ